• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 「中の島再発見の旅」

ここから本文です。

更新日:2011年2月24日

「中の島再発見の旅」

2010年10月26日

私たちのまちの魅力を探りに行こう!
~「中の島再発見の旅」~

再発見の旅の様子

 平成22年10月26日(火曜日)9時50分から、豊平区の中の島地区において、「第2回中の島再発見の旅」が開催された。
 これは、自分たちが暮らす地区の魅力を探ろうと、「中の島魅力ある地域づくりの会」(徳中五郎(とくなか・ごろう)会長)が昨年より開催しているもの。
 今年のテーマは研究施設。地区内にある全国に誇る先駆的研究施設を訪れる旅で、地区の住人約50人が参加した。
 最初に訪れたのは、さけます類のふ化放流に関する研究開発を行っている独立行政法人水産総合研究センターさけますセンター(札幌市豊平区中の島2条2丁目4-1)。業務の概要説明を受けた後、4班に分かれて施設内を見学。資源の維持管理に関わる新しい技術について説明を受けると、興味をもった参加者からは多くの質問が出、職員はそれらにひとつひとつ丁寧に答えていた。
 次に訪れたのは、北国の自然環境に適応した技術開発を行っている独立行政法人土木研究所寒地土木研究所(札幌市豊平区平岸1条3丁目1-34)。この研究所内は研究テーマによりいくつものチームに分かれており、参加者は様々なチームの実験室を見学。大規模な実験室や設備に驚きながらも「こういった地道な研究が、長年かかって成果につながるんですね」と感心した様子だった。
 見学会終了後は昼食を食べながら、懇談会が開催された。参加者の一人は「大変勉強になりました。近くを通ったことは何度もありますが、外から見ただけでは何をやっているところなのかなかなかわからない。いろいろな説明が聞けて良かった」と満足げに話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603