• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 東月寒地区で大規模な交通安全街頭啓発

ここから本文です。

更新日:2011年2月24日

東月寒地区で大規模な交通安全街頭啓発

2010年10月15日

地域全体で願う交通安全
~東月寒地区で大規模な交通安全街頭啓発~

街頭啓発の様子

 平成22年10月15日(金曜日)10時から、東月寒地区の国道36号(札幌市豊平区東月寒1条12~20丁目)で交通安全街頭啓発が実施された。
 これは、東月寒地区のまちづくり協議会「童夢」(どーむ)、町内会連合会(ともに土井計人(どい・かずひと)会長)、交通安全母の会などが主催したもの。まちづくり活動への幅広い参加、協力を推進し、子どもたちを地域ぐるみで支えることを目的としている。
 この日は、地域の小中学校の児童・生徒やPTA、国道36号沿いにある事業所の従業員などを含めた総勢約1,100人が参加し、街頭啓発の列は2キロメートルにわたる大規模なものとなった。
 また、街頭啓発を行った区間では交通安全のパレードが行われ、北海道日本ハムファイターズのキャラクター「B・B」、コンサドーレ札幌の「ドーレ君」、豊平区の「こりん」と「めーたん」が、通行中のドライバーに交通安全を呼び掛けた。
 街頭啓発の終了後には、「東月寒地区交流サロン」が児童養護施設羊ヶ丘養護園(札幌市豊平区月寒東1条17丁目)で開催され、街頭啓発に参加したPTAなど約30人が参加した。
 交流サロンでは、豊平区内にあるコミュニティFM放送局、FMアップル(株式会社エフエムとよひら、札幌市豊平区平岸2条5丁目)の福津京子(ふくつ・きょうこ)放送局長が、「パーソナリティのお仕事って?」をテーマに講演。福津さん自身が以前PTA会長を務めた経験や、ラジオパーソナリティに転身することになったいきさつ、ラジオ放送という仕事をする中での子育て体験談などを紹介すると、その軽快な口調に参加者は時折笑みを浮かべながら聞き入っていた。
 講演後、参加者と福津さんとの意見交換が行われ、福津さんにマイクを向けられた女性は、「自分もPTA会長をしているので、とても参考になる話が聞けてよかったです」と笑顔で話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603