• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 東月寒地区交通安全セーフティフェスティバル開催

ここから本文です。

更新日:2011年2月24日

東月寒地区交通安全セーフティフェスティバル開催

2010年7月3日

楽しく学ぼう交通ルール
~東月寒地区交通安全セーフティフェスティバル開催~

自転車の乗り方教室の様子

 平成22年7月3日(土曜日)10時から、北翔クロテック月寒ドーム(札幌市豊平区月寒東3条11丁目)第3駐車場で、東月寒まちづくり協議会「童夢(どーむ)」や東月寒地区町内会連合会(いずれも土井計人(どい・かずひと)会長)、北翔クロテック月寒ドーム(藤井哲雄(ふじい・てつお)館長)、スーパースポーツゼビオドーム札幌月寒店(札幌市豊平区月寒東3条11丁目、真鍋巧(まなべ・たくみ)店長)などの共催による「東月寒地区交通安全セーフティフェスティバル」が開催された。
 これは、地域住民が年齢を問わずに交通安全を身近に感じて楽しく学ぶことで、子どもたちが安心して住めるまちをつくるための取り組みとして行われたもの。昨年に続き2回目の開催となる。
 開催にあたり、土井会長が「今日は楽しく学んでいってください」とあいさつ。続けて行われた自転車の乗り方教室には、羊丘小学校(札幌市豊平区月寒東3条10丁目、横藤雅人(よこふじ・まさと)校長)としらかば台小学校(札幌市豊平区月寒東4条18丁目、野村邦重(のむら・くにしげ)校長)の1年生から6年生57人が参加した。
 教室では、豊平区交通安全運動推進委員会の指導員から、自転車用ヘルメットのかぶり方や交通ルールなどの指導を受けたあと、自分の自転車を使って会場に設けられたコースを慎重に走行。終了後は全員に自転車運転免許証が手渡され、子どもたちは「難しかったけれど何とか完走できました。これからも注意して乗るようにします」と、免許証を手に嬉しそうに話していた。
 また、会場には、豊平警察署や日本自動車連盟札幌支部などの協力により、本物のパトカーや大型レッカー車、シートベルト効果体験車なども展示され、子どもたちだけではなく大人も一緒に乗車体験などを楽しんでいた。
 親子で会場を訪れ、シートベルト効果体験車に乗った女性は、「遅い速度でもこんなに衝撃があるんですね。シートベルトの大切さを改めて感じました」と、真剣な表情で話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603