• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > エスポラーダ北海道の選手と一緒にフットサル!

ここから本文です。

更新日:2011年2月24日

エスポラーダ北海道の選手と一緒にフットサル!

2010年6月20日

エスポラーダ北海道の選手と一緒にフットサル!
~北海道尚志学園高等学校グラウンド開き~

選手の指導の様子

 平成22年6月20日(日曜日)10時から、北海道尚志学園高等学校(札幌市豊平区中の島2条6丁目、高嶋賢司(たかしま・けんじ)学校長)が新グラウンドの見学会を開催した。
 同校には、開校以来、隣接した体育用グラウンドがなかったため、中の島運動場(同1条5丁目)を造成。グラウンド開きを兼ねて、見学会を開催したもの。
見学会では、まず高嶋学校長が「このグラウンドでは、様々な種目を行うことが可能です。体育の授業で活用するとともに、地域に根差した学校を目指し、広く開放して皆さんに利用していただきたいと思います」とあいさつ。
 その後、近隣の小中学生らおよそ50人が集まり、フットサルプロチーム「エスポラーダ北海道」の選手から実技指導を受けた。
 中学生以上のチームは、「サッカーと違い、フットサルはピッチが狭い。いかに動いて自分のスペースを作るかが大事」と、フェイクを入れたパスやシュートを練習後、ミニゲームを実施。お手本の豪快なシュートには大きな歓声が上がった。
 また、小学生チームは、遊びを交えたウオーミングアップから、ドリブルやシュートの練習を行い、こちらも選手2人を相手にしたミニゲーム。人数の差を武器に、激しいシュート攻撃を見せるなど、フットサルを楽しんでいた。
 最後は両チームとも大きな声であいさつし、およそ2時間の見学会は終了。
 小学生の参加者は「楽しかった」と笑顔を浮かべ、指導が終わった後もピッチでシュート練習を繰り返していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603