• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2017年6月5日

開催結果:第9回札幌ドームでお仕事体験!!

平成27年9月8日火曜日、札幌ドーム(豊平区羊ケ丘1)において、第9回目の「とよひら子どもユメひろば」を開催しました。今回は、札幌ドームでさまざまなお仕事について体験を交えて学びました。

【主催:豊平区、連携協力:HTB北海道テレビ、協力:札幌ドーム】

講座の様子

今回の講座には、豊平区内の小学生(4、5、6年生)とその保護者19組が参加し、普段は入ることができない札幌ドームの奥の奥を探検しました。

グラウンドキーパー体験

yumehiroba9-1 yumehiroba9-2

yumehiroba9-3 yumehrioba9-4

参加した子ども達は、トンボを使ってマウンド整備体験!札幌ドームのマウンドは12球団で一番硬いそうですよ。

ホームべースの整備では、人工芝と土の境目がイレギュラーの原因にならないように細心の注意を払うそうです。

札幌ドームのトリビア

yumehiroba9-11 yumehiroba9-12

野球場の場合、人口芝は192枚も使われているそうです。大きな機械を使って、巻きとるそうです。札幌ドームは12球団で2番目に広い球場。なんと、東京ドームはすっぽり入ってしまうそうです。ちなみに1番広いのは、福岡ドームだそうですよ。

サッカー場の芝補修体験

yumehiroba9-5 yumehiroba9-13

札幌ドームのサッカーステージの重さは8,300トン!札幌テレビ塔が約1,000トンなので、約8.3本分ですね(笑)空気の力を使って、重さを10分の1まで軽くして移動しているそうです。

天然芝は、人間と同じように病気にかかってしまうとのこと、芝が病気にならないように、丁寧に管理しなければならないそうです。参加した子ども達が体験したのは、芝の目土作業。芝に空いた穴に土を詰めて、平らにならしました。

ビールタンクを背負ってみよう!

yumehiroba9-7 yumehiroba9-8

札幌ドームでは、ビールのタンクを背負った売り子さんは多い時で約100名もいるそうです。1回の試合で約2万杯のビールが4時間程度でお客さんの手に渡ります。満タンのタンクは何と20キロ!!みんなで順番に重さ体験!この重さでスタンド階段の上り下りは大変ですね。

アナウンサー実況体験!

yumehiroba9-10 yumehiroba9-9

「イチオシ!モーニング」でおなじみのHTBアナウンサーの林和人さんが講師となり、スポーツ実況を体験しました。みんな緊張で、なかなか言葉は出てこない様子。「視聴者に分かりやすく伝える」って大変なんですね。

第9回とよひら子どもユメひろば大成功!

【参加者の感想(一部)】

  • サッカー場や球場では毎日整備で大変なんだなぁと思った。
  • 林アナウンサーとの実況体験が楽しかった。
  • ファイターズ戦を良く見に来ていたが、裏側が見られてとてもうれしかった。
  • 仕事をするならグラウンドキーパーや実況アナウンサーをしたい。
  • ビールを売っている人になりたいと思った。
  • 思った以上に(ビールの入ったタンクが)重くて大変だったけど、楽しかった。
  • 芝の種を見られて良かった。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部地域振興課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2427

ファクス番号:011-822-9357