• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > まちづくり~「こりん」「めーたん」のまちの魅力発見~ > なにかやっているぞ?! > とよひら子どもユメひろば > 開催結果:第3回中継車体験!カメラマン・レポーター・ディレクターになってみよう!!

ここから本文です。

更新日:2017年6月5日

開催結果:第3回中継車体験!カメラマン・レポーター・ディレクターになってみよう!!

平成26年7月28日月曜日、HTB北海道テレビ(平岸4条13丁目)にて、HTB北海道テレビの制作技術スタッフ浅野琢磨氏を講師としてお招きし、「テレビ中継はどのように行われているか?」について説明を受けた後、実際に本物の中継車に乗車し、カメラマン、レポーター、ディレクターのお仕事を体験しました。

講座の様子

テレビ中継について勉強し、カメラマン、レポーター、ディレクターの仕事を学ぶため、区内の小学生(4年、5年、6年)計31名が参加しました。

参加した児童は、中継車の種類や「どうやって電波を飛ばすのか?」について、真剣に先生の話を聞いていました。

テレビ中継ってどうやっておこなわれているの?

yumehiroba3-7 yumehiroba3-1

テレビ中継は、中継車から手稲山の中継施設か人工衛星に電波を飛ばして行われているとのこと。中継が行われている間は、スタッフのみなさんは中継にかかりっきりで、休憩できないそうです。大変なお仕事ですね。

講座の後半は、実際にテレビ中継の機材に触れながら、カメラマン、レポーター、ディレクターの業務について体験しました。

レポーター体験

yumehiroba3-2

「とよひら・子どもユメひろば」開催についてのレポートを体験しました。みんなハキハキと上手にレポートできました。

ディレクター体験

yumehiroba3-5

機材が詰まった中継車に乗って、ディレクター体験です。たくさんのボタンとモニターにびっくり!圧倒されますね!

カメラマン体験(その1)

yumehiroba3-3

カメラって10キロ近くもあるんですね!重くてびっくり!!カメラマンって大変ですね…。

カメラマン体験(その2)

yumehiroba3-4

ズーム用のカメラって、遠くのものまでよく撮れるんですね!みんな操作に夢中です。

第3回「とよひら・子どもユメひろば」

yumehirba3-6

<参加した子ども達の感想をご紹介>

  • カメラでいろんな角度からいろんなものを見ることができていい体験になった。
  • カメラマンになれたり、ディレクターになれたり、初めてだったのでとても楽しかった。
  • レポーターの体験は、緊張したけど楽しかった。
  • カメラがすごく重くてびっくりした。カメラマンはすごいと思った。
  • どんなふうにカメラで撮っているのか分かって、おもしろかった。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部地域振興課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2427

ファクス番号:011-822-9357