• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

とよひらジュニアフットサル体験会を開催しました!

こりんとめーたん フットサル平成29年8月9日(水曜日)に、豊平区体育館(札幌市豊平区月寒東2条20丁目)において、エスポラーダ北海道の協力のもと、「とよひらジュニアフットサル体験会」が初めて開催されました。

【主催:豊平区、連携協力:エスポラーダ北海道、東京2020公認プログラム】

体験会の様子

体験会には、区内の小学1年生から3年生まで、計29名が参加しました。
講師には、エスポラーダ北海道の金井一哉コーチ、松野 史靖 選手、宮原 勇哉 選手、女子チーム「イルネーヴェ」 阿部 莉音 選手を迎え、子どもたちは選手と一緒にウォーミングアップ・基礎練習・ミニゲームを楽しみました。
また、体験会の最後には、選手たちによるサイン会も開催され、選手と子どもたちとで交流を深めました。
体験会の参加者には、平成29年9月3日(日曜日)17時00分から北海きたえーるで行われるエスポラーダ北海道公式戦の観戦チケット(親子ペア)が贈られ、子どもたちは教えてくれた選手を応援しに行くことを約束していました。

ウォーミングアップ

体験会をはじめる前に、コーチからの自己紹介、体験会を通じて守るべきコーチとの約束事などの確認があり、子どもたちは真剣に話を聞いていました。
その後、ボールに慣れることを目的として、手を使ったボールキャッチや、ホイッスルの音に合わせて、すね・お腹・背中など体の色々な場所を使ってボールを止める練習を行いました。

コーチの話を真剣に聞く子どもたち

ウォーミングアップの様子

基礎練習

ウォーミングアップのあとは、早速基礎練習!足の裏全体を使ったボールタッチや、ドリブル、シュート練習を行いました。
コーチからの「ゆっくりでいいから正確にタッチするように心がけて」「他のお友達とぶつからないように周りをよく見て」といったアドバイスのもと、子どもたちは、通常のサッカーボールよりも小さいフットサルボールを一生懸命コントロールしようと何度も挑戦していました。

ドリブルの練習

ドリブルの練習

ミニゲーム

基礎練習を終え、いよいよミニゲームの時間。
まずは、選手と子どもたちの混合チーム(5チーム)によるゲームが行われ、声をかけ合ったり、パスでつないだりと、これまでの練習の成果を出そうとチーム一丸となって対戦しました。途中、ゴールが決まる場面もあり、チーム全員でハイタッチするなど和気藹々とした雰囲気で行われました。
その後、選手vs子どもたちチームの形式でも試合が行われ、時折選手が華麗なボールさばきを見せると「すごい!」「かっこいい!!」といった声や拍手が上がる場面もありました。

ミニゲームの様子

選手との対戦!

 

コーチからのメッセージ・選手サイン会

最後に、講師から「今日の体験会で学んだことを活かして、これからもフットサルだけではなく、他のことにもどんどんチャレンジすることを忘れずに続けていってください。そして、エスポラーダの試合にも、ぜひ応援しに来てください!」というメッセージがあり、子どもたちは元気に返事をしていました。
集合写真のあとには、選手によるサイン会が行われ、ボールやノートなど、記念のものにサインをしてもらった子どもたちは、満足そうに笑顔で帰っていきました。

集合写真

サイン会の様子

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部地域振興課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2427

ファクス番号:011-822-9357