• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2014年7月9日

「こりん」「めーたん」ができるまで

「こりん」「めーたん」の部屋

1.キャラクターイメージの募集

平成15年6月18日~7月28日、区内の各小学校を対象に豊平区のキャラクターイメージの募集を行い、74点の応募がありました。

各小学校に募集

ページの先頭へ戻る

2.豊平区イメージキャラクター作製委員会によるキャラクター制作

各校が出してきたキャラクターイメージを更に具体化するため、区役所近隣小学校(東山小、美園小、南月寒小)の児童(5~6年生、3校×6人)18名と札幌市高等専門学校生5名が豊平区キャラクターを作り上げました。委員会は、平成15年7月29日~11月8日までの計4回行われ、活発な話し合いが行われました。

その結果、豊平区のイメージを表すものとして「りんご」と「ひつじ」、キャラクターの役割を「ふたりは豊平区の魅力を発見する探偵」としました。

だんだん形作られてきた

▲だんだん形作られてきた

完成して…集合写真

▲完成して…集合写真

ページの先頭へ戻る

3.キャラクター発表&愛称募集

平成16年1月に広報誌等でキャラクターを発表、あわせて愛称を募集し、1,003点の応募がありました。(公募募集期間:平成16年1月5日~3月22日)

ページの先頭へ戻る

4.愛称選考

平成16年3月26日に「豊平区キャラクター愛称選考委員会」で愛称の選考が行われました。豊平区PTA連合会会長、豊平・清田区商店街連絡協議会理事・青年部会長、豊平区交通安全母の会連絡協議会副会長、札幌大学生、区内で活動している青年3名の計7名の委員が選考し、その後、区長が愛称を決定しました。

選定ポイント

  • 愛称の由来が豊平区やまちづくりにぴったりなこと。
  • 響きがよくて覚えやすく、見た目にマッチしていること。
  • ペアとして、違和感のない愛称にすること。

選定に際しての注意点

  • 各キャラクターの名付け親は、特に同じ人でなくてもよい。
  • 応募が多い愛称にこだわらなくてもよい。

委員会の様子

▲委員会の様子

活発な意見が出されたホワイトボード

▲活発な意見が出されたホワイトボード

ページの先頭へ戻る

5.愛称発表セレモニー

平成16年4月7日に愛称発表セレモニーを実し、愛称の「こりん」「めーたん」を発表しました。その後、名付け親の2名に対して「名付け親の証」を手渡しました。

命名書を持って

▲命名書を持って

セレモニー参加者全員と

▲セレモニー参加者全員と

こりんの名付け親と

▲「こりん」の名付け親と

めーたんの名付け親に「名付け親の証」の贈呈

▲「めーたん」の名付け親に「名付け親の証」の贈呈

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部地域振興課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2427

ファクス番号:011-822-9357