• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2012年1月12日

市長総括、閉会

内容
 開会、市長あいさつ
 テーマ1「高齢者や障がい者の福祉」
 テーマ2「子育てや子どもの教育」
 テーマ3「ごみ・リサイクル」
 「その他」
 市長総括、閉会


◎市長総括、閉会

○市長
 ほかの区でもずっと続けておりますが、こんなに活発に参加者同士の意見交換ができたのは、ここが一番すばらしい成果があったと思っております。
 そして、コミュニケーションの大切さをみんなで共通に認識できたと思います。いろいろな年代の方、いろいろな仕事をお持ちの方が、さらには好みも趣味も違ういろいろな人たちが一つの札幌市という中で生活しているわけです。その人たちの共通の願いをどういうふうに抽出していくか、絞り出していくか、そして、行政がそれをどの程度バックアップできるかということが私たち市役所の一番大事な仕事だと思います。
 それをやるためには、市民の皆さん方から意見を述べてもらう、意見を言う気になってもらうということですね。意見は皆さんも持っていらっしゃるのですが、言ってもどうせだめだから言うのをやめようというふうに思われないようにどうするかということが大事だと思っております。言えば一緒に考えてくれそうだと思っていただけるように、私ども職員も一丸となって市民の皆さん方の前に出ようと心掛けているつもりですが、まだまだ不十分だと思います。
 きょうは、本当にわずかな短い時間でありますけれども、皆さん方からお伺いしたお話は、一つ一つとても重要な問題だと思いますし、私自身も勉強させていただいております。
 今、国全体がそうですけれども、税と社会保障の一体改革と言っています。これが何でそんなにもめるのか。それは国に対する信頼がないからです。行政に対する信頼がないからです。年金をこれだけやっているのに削られるじゃないか、こんな信用できないところにどうして税金だと言うんだというふうに国民の多くは感じていると思うのです。それは、信頼を回復するところからやらないと、と私は思います。確実にこうするから将来は心配しなくていい、だから今はこういう国をつくろうというふうに国に言ってもらわないと、そして、それを我々が信頼できないと、いい国にはならないのではないかと思います。
 すごいぜいたくをしたいなんて、何人かいるかもしれないけれども、多くの人は、平和で穏やかな日々を過ごしたいと思っているはずだと私は思います。それを可能にする資源をみんなで出し合えばいいというふうに納得できる社会をつくりたいのです。市の行政の中ではもちろん限界がありますが、市政を信頼してもらえるよう努めさせていただきたい、そして、政治も捨てたものじゃないぞとみんなに思ってもらえるような社会にしていくことが地方自治体の一番大事な仕事ではないか、そんなふうに思っているところです。
 きょうご参加いただきました皆さん方には、きょうのご意見を胸にとめていただきまして、周辺の方々にこんなことがあったよ、こんなことを一緒に考えていかなければだめだよという議論を持ちかけていただいて、まちづくりセンターや区役所、町内会などまちのいろいろな局面で発言したりという形で多くの方にご参加いただいて、札幌市政にご協力いただければありがたいと思います。
 司会をしていただきました小山先生、そして、手話通訳でご協力いただきました皆さん方、本当にありがとうございました。

○司会
 それでは、以上をもちまして、豊平区ふらっとホーム2011を終了させていただきます。
 参加された皆さま、傍聴の皆さま、長時間ありがとうございました。

 

 

※この内容については、重複した言葉遣いや、明らかな誤りがあったものなどを整理した上で作成しています。

 

「その他」へ

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603