• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 保険・年金 > 保険料の納付相談

ここから本文です。

更新日:2017年5月31日

保険料の納付相談

保険料の納付が困難な場合は、必ずご相談ください。

失業や営業不振など、何らかの事情で保険料を納期限までに納付することが困難な方、または、滞納保険料を一括して納付することが困難な方は、必ず保険年金課収納係にご相談ください。

※納付相談に来庁される際は、生活状況・収入・資産などがわかる書類をお持ちください。

ご相談の際は、納付が困難な理由や生活状況を「生活状況調査票」などにより確認します。その内容から、今後の納付計画を相談させていただきます(生活状況調査票は札幌市のホームページからダウンロードできます。)。

夜間相談・休日相談

平日の日中にご来庁が困難な方のために夜間相談・休日相談を行っております。日程は以下のとおりです。

夜間相談

日程

平成29年(2017年)6月29日

時間

17時15分~19時30分

休日相談

日程

平成29年(2017年)6月25日

時間

9時00分~14時30分

保険料を滞納していると

<国保・後期>

〇「資格証明書」を交付することになります。

災害などの特別な事情がないまま保険料を滞納して1年が経過したときには、「保険証」を返還していただき、「資格証明書」を交付します。
この資格証明書が交付されると、医療機関にかかるとき、いったん医療費の全額(10割)を支払わなければなりません。また後日、保険給付相当額(7~9割)の払い戻しを申請することができますが、保険料の納付状況によっては支給を差し止め、滞納分保険料に充てさせていただきます。

〇財産を差し押さえることがあります。

保険料の滞納が続く場合は、預貯金や生命保険などの調査や勤務先への給与照会を行います。この調査結果に基づき、財産を差し押さえることがあります。

<介護>

介護サービスの利用料(食費・居住費などを含む)の支払い方法が、いったん費用の全額を支払い、後から申請により保険給付(通常は9割)を受け取る「償還払い」方式に変わることがあります。また、介護サービスを利用するときの1割の自己負担割合が3割になることがあります。滞納が続くと介護サービス利用の有無にかかわらず、法令に基づく滞納処分(預貯金の差し押さえなど)を行う場合があります。

保険年金課トップへ戻る

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区保健福祉部保険年金課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2510

ファクス番号:011-833-4310