• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > ご意見・ご要望 > 皆さまの声(平成26年(2014年)7月3日)

ここから本文です。

更新日:2014年8月1日

皆さまの声(平成26年(2014年)7月3日)

「皆さまの声」意見箱、市政提案コーナーなどを通して区役所に寄せられたご意見・ご要望をご紹介します。

●保険証をなぜ全員簡易書留で送付しないのか

 健康保険証を郵送する際、なぜ全員に簡易書留で送付しないのですか。また、希望者には簡易書留で送付できることについて、なぜ窓口で説明がないのですか。市のホームページを見ていないと分かりません。高齢者がホームページや国保加入者の手引きを全部読んでいるとは限りません。

<ご意見・ご要望へのお答え:豊平区保健福祉部保険年金課>

 このたびは、豊平区役所「皆さまの声」にご意見をいただきありがとうございます。
 お問い合わせ事項、札幌市国民健康保険としての考え方(見解)について回答をさせていただきます。
 札幌市の国民健康保険(以下「国保」と略します。)では、住民票上の住所地に居住していることが、加入要件となっており、郵便による被保険者証(以下「保険証」と略します。)の到達をもって加入資格を追認する必要があるため、現在、保険証を郵送により交付しております。保険証の交付方法につきましては、本市の世帯構成状況などから、日中不在がちなため、受領印が必要な簡易書留での送付を希望しない方も数多くいらっしゃることから、配達時に不在であっても受け取ることができ、すぐに使用できるように、原則として普通郵便による郵送で行っています。
 また、費用の面から見ましても、簡易書留による郵送は、普通郵便に比べて多額(5倍以上、普通郵便市内特別67円:簡易書留392円)の費用がかかることから、約30万世帯の国保加入世帯すべてに対して簡易書留による郵送を行うことは困難な状況にあります。
 簡易書留による郵送につきましては、「広報さっぽろ」、「ホームページ」、保険証の更新の際の同封チラシ、新規加入者に配付する「国保加入者のてびき」において広く周知を行っているところです。さらに、豊平区では、別途窓口のテーブルに大文字で見やすいように、簡易書留のご案内メッセージを設置しておりますが、残念ながら、当日は物の下になって見えにくい状況であったとのお申し出がありましたので、その後速やかに中心の見えやすい場所に設置場所を移動いたしました。
 札幌市国保といたしましては、加入者の利便性や費用の問題などから、今後とも普通郵便を原則として、希望者に対して簡易書留で送付するという考えでおりますので、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603