• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2016年2月12日

福住地区保健福祉ワークショップの実施

基調講演

平成28年2月10日(水曜日)、福住地区会館で、「福住地区の保健福祉ワークショップ」(主催;豊平区役所保健福祉部)が開催されました。

この日は町内会役員、民生委員、老人クラブなど、日頃から地域で福祉活動に関わっている方々30名以上にお集まりいただき、見守りや支え合いをテーマにした内容で、基調講演とワークショップを実施しました。

基調講演では、生活協同組合コープさっぽろ 中島則裕専務理事、内田祐二運営部部長から「支え合うまちを目指して~地域と企業の見守り連携~」と題してお話をお聞きしました。2010年に小樽でスタートした「宅配トドックと地域の見守り」は道内の自治体と「高齢者見守り協定」の締結が進んでおり、宅配トドックの配達担当者さんによる見守りと、実際に命に関わるような見守り事例をご紹介いただきました。配達員さんは、見守りの学習や普通救急救命の資格を取るなど、地域見守り・安否確認などに積極的に取り組まれているそうです。

次に、ワークショップで、福住地区でみんなでできる見守りや支え合いの活動について、話し合いを行いました。6つのグループに分かれて様々な立場から見守りのポイントを考え、発表。町内会の役割が大きい、子どもの見守りも考えたい、見守りリーダーが地域に居ると良いのでは、日頃からの心がけでできる見守りもある等々たくさんのご意見を頂きました。この結果を参考に「福の住むまちみんなでできる見守りガイド(案)」を作る予定となっています。

10年後も暮らしやすい福住に向けて、皆さんのご意見や活動でこれからも地域が支えられて行くことを感じたワークショップでした。次回は3月8日に「福の住むまちみんなでできる見守りガイド(案)」について検討されます。

 

ワークショップ

いろいろな関係者が見守りについて意見交換

グループ発表

グループ毎にまとめた意見を発表

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部福住まちづくりセンター

〒062-0041 札幌市豊平区福住1条4丁目13-17

電話番号:011-855-6615