• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2016年1月12日

第13回豊平区生徒会サミット(TSS)に参加して

サミット

第13回豊平区生徒会サミット

1月12日(火曜日)正午より、第13回豊平区生徒会サミット(TSS)が豊平区民センター大ホールにおいて開催され、傍聴してきました。

これは、豊平区PTA連合会の主催で豊平区内の各中学校生徒会の皆さん(10校30名)が一堂に会して、生徒会の活動について話し合い、情報交換などを行いながら、何ができるかを考えるものです。福住地区の中学生が通っている、羊ケ丘中、西岡中、西岡北中の生徒会からも参加されていました。前半は、自校の活動紹介や他の学校の発表を聞きながらの交流。後半は、3つのグループに分かれて、どのような校外ボランティア活動を行っているか、困っていることはどんなことかについて、テーブルごとに情報交換。生徒会役員の皆さんから、中学生とは思えないようなしっかりした発表と、学校間で、それぞれ取り組んでいるボランティア活動の紹介や意見、質問を交わしていました。羊ケ丘中学校の生徒さんからは、「学校の隣の保育園に雪だるまを作ってプレゼントしていること。限られた時間で、園児に喜んでもらえるものを作ることに苦労していること。園児からは、歌のお礼があったこと。」などを紹介、一方、他校で行われている、花植え、年賀状、除雪に関するボランティアについて、具体的にどのような活動なのかなどを質問していました。また、多くの中学生から、「地域の方と交流したい、一緒に活動できることは良いことだと思う。」という趣旨の発言もあり、中学生パワーを大変心強く感じました。

三井豊平区長からも、「地域には、たくさんの活動団体が有ること。それらの団体では、メンバーの高齢化と参加者数の減少で困っていて、地域の方々が一緒に活動してほしいと思っているのが、若いみなさん方である。」とエールを送られ、「地域のニーズはまちづくりセンターに行くと分かります。まちづくりセンターへ相談に・・・」と、札幌市のまちづくりセンターの役割を生徒たちに伝えていらっしゃいました。

最後に、参加した区内の中学校生徒会がボランティアで集めたリングプルが車椅子になり、区内の老人ホームへ贈呈。老人ホームの代表の方から感謝状を頂きました。日々の取組みから素晴らしい成果が出ており、これからも継続して取組んでほしいと思います。

地域のことで何か聞きたいことや相談したいことで、どこに聞いたら良いか迷うときは、お気軽に地区のまちづくりセンターにご相談ください。

 

 

グループ

グループ交流で真剣に他校の話を聞く参加者

発表

各学校では工夫した取り組みが行われていました

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部福住まちづくりセンター

〒062-0041 札幌市豊平区福住1条4丁目13-17

電話番号:011-855-6615