• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2014年11月13日

豊平区防災研修会に参加しました

防災研修会4

豊平区役所の主催で、『防災研修会』が開催されました。9月11日に集中豪雨があったせいか、町内会の防犯防災関係の役員さんなど関心をもっておられる方が多く、たくさんの申し込みがあったそうです。11月13日(木曜日)には、座学として二つの講演があり、80名ほどの方が参加しておりましたが、福住地区からも町内会長さんや役員さんが聴講しておりました。

前半は、「『自助・共助』のすすめ~いま、都市が危ない~」をテーマとしての講演で、講師は、日本技術士会北海道本部防災委員会の城戸氏が務められました。城戸氏は、阪神・淡路大震災のデータから、死亡者の8割は地震発生後15分以内に死亡していること、その内かなりの人は家屋の倒壊等による窒息、圧死、ショック死が原因となったことの紹介がありました。また、地震による新たな災害として、ビル街における窓ガラス被害やエレベータ内の閉じ込め、都市の豪雨災害の事例として、地下鉄、地下街、アンダーパスへの浸水などの解説がありました。

その後、豊平川の氾濫を想定した映像の放映がありましたが、見慣れた札幌中心部への浸水は衝撃的なものでした。これらのことから、災害時には「自助・共助・公助」は「7:2:1」のバランスで考えておくことが重要とし、「自分(達)の命は自分(達)で守る」ことを強調されました。

後半は、同会の小田氏から、「札幌市の避難所計画」をテーマとした説明がありました。これは、平成25年度に策定された「札幌市避難場所基本計画」に基づく避難場所の種類(一時、広域、収容)、役割、指定場所などを解説したものです。

講演後は何点か質問が出て、予定時間を超過しての終了となりました。「備えあれば憂いなし」と言いますが、普段からの「備え」が「いざ」という時に有効のようです。私たちの日常の暮らしの中で、食料や飲み水を備蓄しておく、タンスなどの家具は固定しておくなど、できるところから心がけていきたいと思います。

防災研修会2

防災研修会3

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部福住まちづくりセンター

〒062-0041 札幌市豊平区福住1条4丁目13-17

電話番号:011-855-6615