• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ここから本文です。

更新日:2014年10月13日

『羊ケ丘フットパス2014』を実施しました(その2)

フットパス4

10月13日(月曜日、体育の日)に実施した『羊ケ丘フットパス2014・福住地区住民ウォーキング』は、札幌市防災センター(白石区南郷6丁目)を目的地として、参加者の皆さんの防災意識を高めるため、各種の体験をしていただきました。

9月11日の豪雨の記憶がまだ新しいせいか、関心をもって参加された方が多かったようです。当日は、約80名の皆さんを4つのグループに分け、順番にコーナーを回って、説明を受けたり、実際に体験をしてもらいました。

地震体験は、希望により震度の調節ができますが、東日本大震災クラスの震度7を選んだ方が多かったようです。頭を座布団で守りながら、落ち着いてブレーカー、ガステーブル、ストーブのスイッチを切ることができました。

消火体験は、テンプラ火災を消火器で消すものですが、コツをつかめず消火に失敗して、「避難してください」と表示されるグループもありました。

煙避難体験は、2階建ての家屋から外に避難するものですが、ドアを閉めるとあたりは真っ暗となり、口をハンカチで覆いながら手探りで出口を探しました。部屋の中には煙が充満しており、頭を上げすぎると、「姿勢を低く」とメッセージが流れたグループもあったようです。

暴風体験は、風速30mの暴風を体験できる全国で初の施設だそうです。3Dメガネをかけ、迫力のある映像、音響と併せての暴風なので、家族連れで来場された小さなお子さんが泣き出すのも無理もないことでした。

災害バーチャル体験は、土砂災害や水害などを3D映像で体験するものですが、札幌の映像もところどころに使われておりました。

この他、待ち時間を使って、ダミー人形で応急処置などの救急体験をしているグループもありました。約1時間半ほどで、すべての方の体験が終了しましたが、子どもたちにとっても貴重な経験になったと思います。今後とも、地域ぐるみで、災害に対して意識を高めていきましょう。

フットパス6

フットパス7

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部福住まちづくりセンター

〒062-0041 札幌市豊平区福住1条4丁目13-17

電話番号:011-855-6615