札幌市の図書館 > 札幌市図書館に寄せられた声について > 札幌市図書館に寄せられた声について2016年4月

ここから本文です。

更新日:2016年11月16日

札幌市図書館に寄せられた声について2016年4月

4月の内容別件数(全39件)

札幌市図書館に寄せられた声2016年4月分

多く寄せられた声と回答(内容を要約しています。)

インターネットでの検索・予約に関するもの

寄せられた声

  • 蔵書検索・予約システムでマイ図書館サービスにログインできなくなった。
  • 蔵書検索・予約システムでページが表示されなくなった。

回答

「図書館蔵書検索・予約システム」で、ログインして使用する機能は、データを暗号化して通信を行っております。
この暗号化のための約束事である「SSL3.0」には『通信の一部を第三者に解読されてしまう脆弱性』が、また、サーバ証明書の「SHA-1」にも暗号強度の低下により『実際に解読される危険性』がでてきたため、より安全性の高い『SHA-2』に切り替える対策を実施しております。この対策は、図書館システムを利用する方全員の通信の安全性を保つため、不可欠な対策であり、インターネット全体でも更新が進んできているところです。
以下のバージョンアップにより、マイ図書館サービスへのログインが可能となるものと思われます。

・パソコンからご利用の場合
・Windows「XP SP3」以降のバージョンに更新する

・スマートフォンからご利用の場合
・Android Ver1.5以降のバージョンに更新する
・iOS iPhone3G以降のバージョンに更新する

なお、およそ5年以上前に発売されたフィーチャーホン(いわゆる「ガラケー」等)については、最新の暗号化に対応できないため、本システムに限らず、認証が必要な様々なサイトへのインターネット接続が順次できなくなる状況となっております。一部の機種ではソフトウエア更新によって使用できるようになるものもありますので、契約されている携帯事業者にご確認いただけますようお願いいたします。

ご利用のパソコン機器のシステム構成などを変更した後、システムを利用できなくなったという場合は、ホームページ「図書館トップ>蔵書検索・予約システムガイド>システムへのアクセス方法」を参照ください。
https://www.library.city.sapporo.jp/guide/access.html

ご不便をおかけして大変恐縮ではありますが、今後とも札幌市の図書館のご利用をよろしくお願いいたします。

貸出等の手続きに関するもの

寄せられた声

  • 図書を郵送で届けてほしい。

回答

中央図書館では、体が不自由なために図書館を直接利用できない方に、図書の郵送貸出を行っております。概要は次のとおりです。

  • 体が不自由なために図書館を直接できない方は、中央図書館が往復の送料を負担し、郵送または宅配便で図書館資料(図書及び視聴覚資料)を貸出
    ししております。
  • 貸出の上限は、図書は1人10冊まで、視聴覚資料は2点までです。
  • 貸出期間は1か月以内です。
  • 登録対象の方は、身体障害者手帳の4級以上、戦傷病者手帳をお持ちの方、もしくは、おおむね65歳以上の方で1年を通じて歩行困難な在宅の高齢者
    などで、あらかじめ利用登録が必要です。
  • 登録申込みは、電話でも受け付けしております。詳細は、中央図書館利用サービス課図書館サービス係の郵送担当までお問い合わせください。

郵送貸出の登録を受けた場合は、本の貸出申込みや予約等を電話やFAXもしくは、実際の本を配送する際の宅配便の中に書面を入れるなどして行っていただきますが、購入希望についても同様にお申込みをいただけます(一般の方と同じで購入希望されても必ず購入されるとは限りません)。