ここから本文です。

更新日:2016年2月23日

どんなところ?

「図書館ってどんなところだろう?」
「本をかりたいんだけど、どうやったらかりられるの?」
「本をかりることができるのは、なんとなくしっているけど、ほかにどんなことができるの?」

そんな図書館についてのいろんなギモンは、このページでかいけつしよう!

このページのもくじ

 図書館はこんなところ

本をよむ・かりる・よやくをするところ

  • 図書館の中では、本をよむことができます。
  • 本をかりることができます。
  • ほかの人がかりているときや、とおくの図書館に本があるときは、よやくをして、すきな図書館にとりよせることができます。

行事(ぎょうじ)にさんかできるところ

図書館では、図書館の人のしごとをたいけんすることができる、「一日司書体験(いちにちししょたいけん)」や「工作会(こうさくかい)」など、いろいろな行事(ぎょうじ)をやっています。
きょうみがある行事(ぎょうじ)にはぜひ、さんかしてください。
どんな行事(ぎょうじ)をやっているかは、「行事(ぎょうじ)」のページを見てください

しらべものができるところ

夏休みのしゅくだいをやりたいのに、どうしていいかわからなかったことはないですか?
テレビやしんぶんなどで言っていることについて、もっと知りたいと思ったことはないですか?
そんなときは、図書館に行ってしらべてみましょう。しらべかたは「しらべものをする」のページを見てください。

 本のかりかた・かえしかた

かりるまえにすること

本をかりるためには、「かしだし券」がひつようです。まずは、かしだし券をつくりましょう。

●しょうがくせいよりちいさいかたは

おとなといっしょにとしょかんへいって、かしだしけんをつくりましょう。
※ひとりでくるときは、じゅうしょとでんわばんごうをおぼえてきてね。

●中学生以上のかたは

学生証など住所の書いてある物をもっていき、申込書に書いてください。

本をかりるには

図書館へ行き、よみたい本をさがします。※本だなをみたり、検索機(けんさくき)やホームページでさがします。
図書館のカウンターによみたい本とかしだし券をいっしょに出します。
ひとり、10さつまで2しゅうかんかりることができます。
としょかんがどこにあるかは「図書館をさがす」のページ」をみてください。

本のかえしかた

かりた本は、市内のどこの図書館・図書室でもかえすことができます。
どこにあるかは「図書館をさがす」ページ」をみてください。
へんきゃく日はまもりましょう。

 図書館でのマナー

本は大切につかいましょう

やぶいたりらくがきしたりするとみんながこまります。ぜったいにしないでください。

こわれた本を見つけたときは、図書館の人におしえてください。
※せんようのテープやのりでなおしますので、お家にあるセロテープなどでははらないでください。


読んだ本はもとのたなにもどしましょう。

本があるばしょは一さつ、一さつきまっています。ほかの人がさがせなくなってしまいますので、正しいところにもどしましょう。
もどすところがわからないときは、カウンターにもどしてください。

しずかにしましょう

図書館では、大きな声で話したり、走り回ったりせず、しずかにしましょう。
けいたいでんわは、図書室から出てつかってください。

ものをたべないで

ガムやおかしをたべたり、のみものをのんではいけません。
ちか1かいにものをたべたりのんだりするところがあります。

イスやテーブルは、ゆずりあってつかいましょう。

土・日ようび・しゅくじつや夏休み・冬休みなどは、席がこみあうことがあります。
みんなでゆずりあってきもちよくつかいましょう。