ここから本文です。

更新日:2016年11月29日

平成28年11月19日北海道日本ハムファイターズ選手による読み聞かせイベント

内容
(ないよう)

北海道日本(ほっかいどうにっぽん)ハムファイターズの矢野謙次(やのけんじ)選手(せんしゅ)と北海道文化放送(ほっかいどうぶんかほうそう)の中野涼子(なかのりょうこ)アナウンサーが子どもたちに絵本(えほん)のよみきかせをしました。ファイターズ選手がよみきかせをするのは、2014年からおこなっており、今回(こんかい)で3回目(かいめ)になります。

日時
(にちじ)

平成28年(2016年)11月19日(土曜日) 12時15分~13時00分

参加者
(さんかしゃ)

小学生(しょうがくせい)くらいのお子(こ)さんとその保護者(ほごしゃ)の方(かた)50組(くみ)100名(めい)

会場
(かいじょう)

札幌市中央図書館(さっぽろしちゅうおうとしょかん)3階(かい)講堂(こうどう)

主催

(しゅさい)

北海道日本ハムファイターズ

協力(きょうりょく):札幌市中央図書館

イベントの様子
(ようす)

  • 矢野選手が読んでくれたのは平成28年11月12日に出版(しゅっぱん)された「もりのやきゅうちーむふぁいたーずつよさのひみつ」のほか2冊(さつ)です。

 

矢野選手の読み聞かせ

 

 

 

  • よみきかせが終(お)わったあとは、矢野選手と子どもたちの写真撮影(しゃしんさつえい)をしました。選手とふれあうよい思い出(おもいで)になりました。

矢野選手と子どもたち写真撮影