ホーム > くらし・手続き > お仕事・お住まい > お住まい・土地 > 「平成30年北海道胆振東部地震」に伴う被災宅地危険度判定について

ここから本文です。

更新日:2018年9月18日

「平成30年北海道胆振東部地震」に伴う被災宅地危険度判定について

平成30年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により、大規模かつ広範囲に被災した宅地において、被災宅地危険度判定を実施します。

目的

被災宅地危険度判定とは、災害対策本部が設置されるような大規模な地震又は大雨のため、宅地が大規模かつ広範囲に被災した場合に、被災宅地危険度判定士を活用して被害の発生状況を迅速かつ的確に把握し、危険度判定をすることによって、二次災害を軽減・防止し住民の安全を図ることを目的としています。

調査方法

被災宅地危険度判定士の資格者により、調査表等の定められた基準により、客観的に判定します。

判定内容による対応

被災宅地危険度判定の結果については、下記の三種類の判定ステッカーを宅地等の見やすい場所に表示し、当該宅地の使用者・居住者だけでなく、宅地の付近を通行する歩行者にも安全であるか否かを容易に識別できるようにします。

危険宅地要注意宅地調査済宅地

被災宅地危険度判定の結果について

調査予定年月日

平成30年9月11日(火曜日)から9月14日(金曜日)まで

調査対象となる地域

豊平区月寒東3条19丁目の一部

判定結果

・調査済宅地  5件

・要注意宅地 17件

・危険宅地    9件

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局市街地整備部宅地課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所本庁舎2階

電話番号:011-211-2512

ファクス番号:011-218-5177