ここから本文です。

更新日:2017年11月2日

建物紹介-札幌ドーム太陽光発電設備

太陽光発電イメージ画像「札幌・サンサンプロジェクト」の一事業として、札幌ドームに発電容量90kWの太陽光発電パネルを設置する工事です。
発電量は年間で約61,000kWh見込まれます。二酸化炭素に換算して年間約26トンの削減に相当します。トドマツは1本で年間14.5kgの二酸化炭素を吸収すると言われておりますので、トドマツ約1,800本分の吸収量に相当します。
今回工事は、羊ヶ丘通り沿いの駐車場フェンスを兼ねた支柱を新設し、太陽光パネルはこの支柱に、札幌市の施設としては初めて、垂直に設置します。横に並べて設置し、その全長は300m余りにわたります。屋外で発電した電力は駐車場の下に埋設するケーブルを通じて札幌ドームの中にある電気室まで送ります。

 

これまでの各月の進行状況をみる

(平成22年11月分~平成22年12月分)

場所 札幌市豊平区羊ヶ丘1番地3札幌ドーム南側羊ヶ丘通り沿い
構造・階数 シリコン太陽電池90kW
工期 平成22年(2010年)9月13日~平成23年(2011年)2月1日

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築部建築保全課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎9階

電話番号:011-211-2816

ファクス番号:011-218-5142