ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

建物紹介-屯田兵屋改修

屯田兵屋写真

 

 

琴似の兵屋は、1875(明治8)年に入植した屯田兵の住宅として建てられました。今回工事をする建物は、1972(昭和47)年に、ほぼ最初に作られた姿で復元されたのもです。
明治時代の姿で復元された建物なので、屋根は最近の建物のように鉄板で覆われる事もなく、柾板(まさいた)という木の板で覆われています。木の板ですから、長年、雨に当たり続けた事で腐り、穴が開き、雨が漏るようになってしまっていました。そこで、柾板を貼りかえる工事を行う事になりました。また、それに合わせて土間(玄関部分)の凸凹や万が一の備えの消火設備も直します。

 

これまでの各月の進行状況を見る

(平成22年6月分~平成22年12月分)

 

場所 札幌市西区琴似2条5丁目
延べ面積 兵屋58平方メートル/管理小屋10平方メートル
構造・階数 木造
工期 平成22年(2010年)5月17日~平成22年(2010年)12月

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築部建築保全課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎9階

電話番号:011-211-2816

ファクス番号:011-218-5142