ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

建物紹介-円山動物園類人猿館

写真-円山動物園類人猿館外観

写真-類人猿館ひさし部分

写真-類人猿館アクリルパネル

円山動物園類人猿館は1977年(昭和52年)に建設された動物飼育展示施設です。
建設当初はオランウータンやゴリラ、チンパンジー、テナガザルを飼育していましたが、現在はオランウータンとテナガザルを飼育しています。
(ゴリラは一時的に京都動物園で飼育されていて、チンパンジーは別に建設されたチンパンジー館にいます)
今回の工事は、オランウータンの屋外放養場を改修しました。モートと呼ばれる堀を土で埋め立てて、アクリルガラス製のパネルで囲いました。
いままでは、離れた位置からしか観察できなかったのですが、アクリルガラス越しにオランウータンを近くから観察できるようになりました。

場所 札幌市中央区宮ヶ丘3
延べ面積 1,045m²
構造・階数 鉄筋コンクリート造平屋建囲いは鉄骨造
竣工 平成20年(2008年)3月

建物紹介へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築部建築保全課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎9階

電話番号:011-211-2816

ファクス番号:011-218-5142