ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

建物紹介-羊丘中学校

写真-羊丘中学校外観

校舎改築にあたって住民説明会などを開催して、生徒や学校関係者、地域住民の方々からいただいた様々な意見を参考に改築計画をたてました。
新校舎は、旧校舎とほぼ同じ位置に改築して、周辺地域環境に影響を与えないよう考慮しました。また、最も日当たりのよい南側に普通教室を配置したり、校舎中心部には生徒ホールを設けるなど、より良い学習環境になるように考えました。

場所 札幌市豊平区福住1条3丁目
延べ面積 7,305m²(改築部分)
構造・階数 鉄筋コンクリート造地上4階建
竣工 平成20年(2008年)3月

施設の詳細

羊丘中学校全体写真

 

グラウンドに面している南面には丈夫な外壁材(プレキャストコンクリート版)を使用して、ボールなどの衝撃にも耐えられるよう配慮しました。また、近隣にある札幌ドームでも使用されているコンクリートや金属板で外壁を構成して、地域とも調和する建物となるよう心掛けました。

 

羊丘中学校ホール写真

 

正面玄関に面して、開放的な吹抜けのあるホールを配置しています。吹抜けを通じて各階が空間的につながっており、上階にたまった熱を下階に吹き降ろすことで空気を循環させて、省エネルギーにも配慮した計画となっています。

 

 

階段状の多目的ホール写真

 

2階から3階には、階段状の多目的ホールを配置しており、学年集会やイベントなど生徒の交流・憩いの場としてさまざまな利用ができます。

 

 

羊丘中学校普通教室写真

 

2階から4階の普通教室は、日当たりの良い南側に配置しています。また、不審者などにもすぐ気付くことができるよう廊下側を透明な壁にして、防犯・安全面も考慮しています。

 

 

羊丘中学校和室写真

 

使い勝手など関係者の方々の意見を取り入れながら、旧校舎にもあった和室を新たに配置しました。旧校舎にあった廃材なども利用し、旧校舎の名残も残しています。

 

 

羊丘中学校多目的室写真

 

北側には特別教室を中心に配置しています。多目的室(視聴覚対応)・音楽室などはレイアウトを工夫して、通常よりも広い教室としています。

 

 

羊丘中学校多目的トイレ写真

 

各階に多目的トイレを配置しています。エレベーターも設置しており、障がい者にも配慮したつくりとなっています。

 

 

 

羊丘中学校屋上写真

 

生徒からの意見を取り入れて、旧校舎では生徒は行くことのできなかった屋上へ行けるようにしました。札幌ドームをはじめ札幌の街並みが一望できます。

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築部建築保全課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎9階

電話番号:011-211-2816

ファクス番号:011-218-5142