ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

建物紹介-札幌市立大学桑園キャンパス

写真-市立大学桑園キャンパス外観

平成18年(2006年)春に開学した札幌市立大学は、既存の市立高等看護学院と市立高等専門学校の施設を最大限に活用しながら、大学として必要な機能を追加するために、それぞれ建物を増築しました。
南区の芸術の森キャンパスとは離れて建っているため、建物の基本デザインや外壁の色などを統一することによって、札幌市立大学としての一体感を持たせています。
桑園キャンパスでは、現代医学のニーズに応える人材を育てるための様々な授業が行われています。

大学案内など、詳しい情報はこちらをご覧ください。
札幌市立大学

所在地 札幌市中央区北11条西13丁目
延べ面積 4,862m²
構造・階数 鉄筋コンクリート造地上4階
竣工 平成18年(2006年)4月

 

施設の詳細

写真-札幌市立大学桑園キャンパスプレキャストコンクリート材の使用

 

PC(プレキャストコンクリート)部材の採用
安定した品質を確保できる、工場生産された鉄筋コンクリートの部材(PC部材)を採用することで、建物の長寿命化や高品質化を目指しています。また、型枠材が不要になるため、産業廃棄物の削減にも役立っています。

 

 

写真-札幌市立大学桑園キャンパスダブルスキンの採用

ダブルスキンの採用
夏季の冷房負荷などを低減させるために、外部サッシはダブルスキン工法を採用しています。これは二重サッシを1階から最上階まで連続させて中の空気を循環させることで、室内の温度管理を行います。また、サッシにブラインドを取り付けて日射量の調整も行っています。

 

 

写真-札幌市立大学桑園キャンパスマイクロガスタービン

 

新エネルギーの採用
地中深くの熱を取り入れて利用する「地中熱ヒートポンプ」という技術を採用して、校内の暖房に使っています。

 

 

写真-札幌市立大学桑園キャンパス外観

 

既存の市立高等看護学院(写真左側グレーの建物)を増築し、市立大学の校舎としています。

 

 

 

写真-札幌市立大学桑園キャンパス渡り廊下

 

トイレや階段など動かせないものは片側に集中させて、反対側に講義室や研究室を配置しています。研究室相互の間仕切りは、将来のレイアウト変更のしやすさを考えた材料を使っています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築部建築保全課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎9階

電話番号:011-211-2816

ファクス番号:011-218-5142