ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

建物紹介-札幌市中央卸売市場青果棟

写真-中央卸売市場青果棟外観

札幌市中央卸売市場は、北海道の中核拠点市場として、市場機能の高度化や環境・衛生管理機能の強化、さらに環境にやさしいクリーンエネルギーを導入した市場づくりを目指して、平成11年(1999年)から平成19年(2007年)までの予定で再整備を進めています。
平成15年(2003年)の水産棟に続いて、青果棟が平成18年(2006年)2月に完成しました。

関連ページ

札幌市中央卸売市場

所在地 札幌市中央区北12条西20丁目
延べ面積 約36,654m²
構造・階数 鉄筋コンクリート造・鉄骨造地上3階
竣工 平成18年(2006年)2月

 

施設の詳細

写真-札幌市中央卸売市場外観1

 

平成15年(2003年)年に完成した水産棟に合わせ、市場として統一感のある外観としています。

 

 

 

写真-札幌市中央卸売市場外観2

 

屋上に設置した開口部を利用して自然換気を行うことにより、室内の温度管理をしています。

 

 

 

写真-札幌市中央卸売市場内部卸売場

 

内部卸売場です。ここで毎日せりが行われます。

 

 

 

写真-札幌市中央卸売市場中卸店舗

 

中卸店舗です。中卸業者がせりおとした品物を、ここで小売店等に販売します。

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築部建築保全課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎9階

電話番号:011-211-2816

ファクス番号:011-218-5142