ここから本文です。

更新日:2018年6月22日

ブロック塀等の安全確認について

ブロック塀等の安全確認をしましょう

平成30年6月18日に大阪府北部を震源とする地震が発生し、ブロック塀の倒壊による事故が起きました。

所有者・管理者の皆様には、災害等に備えていただきますよう以下についてお願いいたします。

既存のブロック塀が傾いていたり、ひび割れが発生しているなどの場合には、建物の設計者や施工業者等の建築の専門家に、不良箇所の修繕・撤去等についてご相談ください。

ブロック塀等の点検のチェックポイントについて

ブロック塀と組積造(れんが造、石造、鉄筋のないブロック造)の塀について、まずは外観をご自身で以下のチェックを行い、ひとつでも不適合があれば危険性があり得ますので、付近通行者への速やかな注意表示とともに、専門家にご相談ください。

 

 ブロック塀の画像

出典:国土交通省「ブロック塀の点検のチェックポイント」より一部抜粋

 

ブロック塀と組積造のチェック項目

チェック項目 ブロック塀のポイント 組積造の塀のポイント

塀は高すぎないか

 

  • 塀の高さは地盤から2.2メートル以下であるか。

 

  • 塀の高さは地盤から1.2メートル以下であるか。

塀の厚さは

十分か

  • 塀の厚さは10センチメートル以上であるか。 

 (塀の高さが2メートル超2.2メートル以下の場合は

塀の厚さは15センチメートル以上)

  • 壁頂までの垂直距離の10分の1以上であるか。

控壁はあるか

  • 塀の長さ3.4メートル以下ごとに、壁面から塀の高さの5分の1以上突出した控壁があるか。

(塀の高さが1.2メートル超の場合)

  • 塀の長さ4メートル以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控壁があるか。

基礎はあるか

  • コンクリートの基礎があるか、深さ30センチメートル以上根入れがされているか。

(塀の高さが1.2メートル超の場合)

  • 基礎は深さ20センチメートル以上根入れがされているか。

塀は健全で

あるか

  • 塀に傾きやひび割れはないか。
  • 塀に傾きやひび割れがないか。

塀に鉄筋が入っているか

  • 塀の中に直径9ミリメートル以上の鉄筋が、縦横ともに80センチメートル間隔以下で配筋されているか。
  • 縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎかけされているか。
(組積造には鉄筋は配筋されていません)

詳しくは、建築基準法施行令第61条及び第62条の8を参照ください。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築指導部建築安全推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎2階

電話番号:011-211-2867

ファクス番号:011-211-2823