• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区の紹介 > 17.子供たちの冬遊び

ここから本文です。

更新日:2013年3月1日

17.子供たちの冬遊び

 17.子供たちの冬遊び~鉄北小学校のスケートリンク

■子供たちは自然と仲良し

昔は区内の至る所で魚すくいや水遊びができました。写真は平成6年の星置川探検 昔といっても30年ほど前でしょうか。今のようにテレビゲームやおもちゃなど家の中で遊ぶ物が少なかったこともあって、子供たちは外で遊んでいました。
 春は野原で虫取りや用水路で魚すくい、夏は軽川で水遊び。手稲区内にもまだ自然がたくさん残っていた昭和40年代ころまでは、クワガタやニホンザリガニも捕れたといいます。自転車で山口までクワガタ捕りに出掛けて、薄暗い砂利道を心細い思いをして帰って来たことを思い出として語る人もいます。秋には手稲神社の境内で栗拾い、そして、冬の遊びといえばスキー。手稲でスキーが盛んだったのは、すぐ近くに手稲山があったこと、熱心な先生方が多かったことが大きな要因でしょう。
 札幌市内のほとんどの小学校がスキー学習だったころに、手稲鉄北小学校ではスケートリンクをグラウンドに作り、体育の時間にはスキーとスケートの両方をやっていました。

■スケートリンクができた

 鉄北小学校第8回(昭和48 年)の卒業生の竹内伸仁(たけうちしんじ)さんは次のように振り返ります。「体育の時間にはスキーもスケートも両方習いました。でも、人気のあったのはスケートでした。12月にはスケートリンクを作り始めます。先生方だけでなく、PTAの役員だった父もよく手伝いに行きました。天気をみながらリンクの出来栄えを気にしたり、雪が降った時には除雪に出掛けたりしました。父親がここまで子供たちのために一生懸命やってくれたことがうれしかったですね」
 この鉄北小学校のリンクについて、開校時から7年間手稲鉄北小学校で教べんを執ってい た西岡昭夫(にしおかあきお)さんは「スケートリンクの開設は昭和42年(1967)の冬。最初のころは雪を固めてその上に家庭用のホースで水を掛けて凍らせ、また、その上に水を掛ける。これを繰り返しながら滑走面を作っていきます。夜の八時ころから12時ころまで作業が続きます。ホースを校舎から引っ張って水をまきますが、ホースが長いために途中で凍り付きます。ホースを職員室に持ち込んで暖め、氷を溶かして作業を続けます。そんなことを繰り返すものですから、夜遅くまでかかるのです」と語ります。

■リンクの上で子供たちは

市内では珍しい校庭のスケートリンク。父母と先生が整備していました (手稲鉄北小学校所蔵) 「2学期の終業式のころにはリンクが出来上がります。授業で使うのは3学期ですが、冬休み中から子供たちに開放されていて、スケートリンクで遊べました。みんなが楽しみなのは2月に開催されるスケート大会。何とか良い記録を作ろうと、日曜日や放課後暗くなるまで練習していました。鉄北小学校の生徒はみんなこのリンクのことを自慢に思っていました」と竹内さん。
 子供たちは自分の記録を伸ばそうと一生懸命でした。記録会の前になると、刃を研いでほしいという生徒が学校に来るようになって、学校でも研磨機を用意して研いでいました。
 札幌オリンピックのころは、フィギュアスケートのジャネット・リンにあこがれてフィギュアの演技をしてみたり、スピードスケートのスタートの真似をしたり、みんなスケートに対してあこがれがありました。
 「子供たちも上達してくると、ストレートのコースが長くほしくなります。雪を固めたスケートリンクは滑走面が狭く、スピードの記録には向きません。
 そこで、リンクを広く取るために、グラウンドを掘りこみ、そこに水をためてスケートリンクにするようになったのは、三年ほどたったころです。これですと、水が張ってありますので、多少は作業が楽になりました。それでも氷の上に水を掛けて凍らせるという作り方は変わりませんので、多くの時間と労力が掛かりました。風が吹くと波打ったりしますので、それを削って平らにするのはコツのいることでした」と西岡さん。

■スケートリンクが解けると

 リンクが使えるのは2月20日ころまで、その後は大きな水たまりができます。この水たまりは学校にとっては悩みの種ですが、そこも子供たちの格好の遊び場でした。転んでずぶぬれになる子供たちもいて、初めは、危険だから禁止しようという声もありました。しかし、体力づくりと冒険心を養なおうと昭和50年ころから学校では旧校舎のハリなどを組み合わせてイカダを用意、これが子供たちの大人気になりました。
 水深は30から40cm程度、落ちてもおぼれる心配はありませんが、それでもずぶぬれになる子供たちも。でも、お母さん方からは苦情は来なかったそうです。
 最近、子供たちが外で遊んでいる姿は少なくなりました。でも、学校からの帰り道、雪まみれになりながら雪だまをぶつけ合う子供たち。そこには昔と変わらない生き生きとした表情があります。

<16.手稲にはスキージャンプの種がまかれている | 17.子供たちの冬遊び | 18.生活に潤いを~手稲文化祭>

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639