• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ここから本文です。

更新日:2018年10月23日

平成30年度作品集1

藤原

手稲中央小:藤原希美さん

この絵は、子どもも、大人も楽しめる、遊園地です。手稲山に遊園地があったけどもうなくなり、手稲区には大きな公園しかないから遊園地があったらいいな~と思います。ふつうの遊園地にあるものコーヒーかっぷをアレンジしました。

 

服部

手稲中央小:服部将大さん

・軽川の横はばが広くなり歩行者専用の橋が出来る。・ゴルフ場やボーリング場が出来て手稲に遊びに来る人が増える。・ふん水が出来てマンションの数がふえる。・新しいバスていと道路が作られている。

 

只野

手稲西小:只野結衣花さん

たくさんの緑にかこまれて動物と話しができる。ヘッドホンをつけてねことお話しをしている。

 

 

山北

手稲西小:山北陽仁さん

自ぜんにやさしい町で、道路では太陽光発電されていてその電気を配っています。家やビルにはソーラーパネルがせっ置されています。車にはタイヤはなくういて走っています。なので自ぜんやかんきょうにいい町なのです。

 

荒

手稲北小:荒くるみさん

わたしがえがいたのは、未来の図書館です。ここには、ロボットがたくさんいます。でんきだいも、すごくかかります。だから、あかりをつけないようにまどがたくさんついています。さらに、本などのかしだしもかんたんで、出入口についている長方形のくぼみにカードをかざすだけで、かしだしできます。わたしは、大人になったらこういう図書館をつくりたいです。

 

 

松岡

 

手稲北小:松岡沙弥さん

わたしの絵は、音楽でいっぱいのカラフルなていねをえがきました。いろいろながっきでえんそうしながらカラフルなピアノの道をていねの人々やどうぶつたちがあるいています。がっきにあわせてうたをうたったりたのしくえがおでカラフルなピアノの道をあるいたりしてうれしいきもちたのしいきもちでいっぱいなていねです。

 

和田

手稲鉄北小:和田奈々さん

私の、10年後の町は緑がたくさんで目や耳がふじゆうな人も安心して、くらせる町にしたいです。私たちも他の人も、たのしく、なったらいいなと思って絵を書きました。きれいになるには、ゴミやガスがないような町になったらうれしいと思います。

 

柳澤

手稲鉄北小:柳澤拓歩さん

ぼくは、自転車せん用のどう路などがある安全な町にしたいです。理由は、ぼくは、お年よりの所に自転車を乗っている人が来たらあぶないといっしゅんこわくなるからです。あと、大きな病院がすぐ近くにあって、事こが起きたらすぐ運んで安全になれるようにしたいからです。

 

岡田

手稲山口小:岡田柚香さん

手のケイタイ空を飛ぶ車空を飛ぶ(人)スーツちかてつ人が無げんにおよげるスーツ

 

田農

手稲山口小:田農喜葵さん

手稲山には、かぼちゃのてんぼう台があり、そこから手稲の町なみを見わたせます。山からは、手稲君のモノレールが、手稲区内を走り、気軽に、山に行ききしたい。そして山には、たくさんのこん虫やきれいな花がさいてほしいです。これがぼくの10年後の手稲です。

 

30年度作品集2へ

30年度作品集3へ

30年度作品集4へ

 

小学生の夢・10年後の手稲のまち事業トップページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部地域振興課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2445

ファクス番号:011-681-2523