• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ここから本文です。

更新日:2016年10月24日

平成27年度作品集1

手稲中央小:髙橋 優斗さんこの絵の、どまんなかのあるとうが、「ナショナルタワー」と言って、このまちのシンボルです。そして、一ばん下にある海の中にあるまちに行くときにつかうエレベーターです。さいごに、一ばん右下にあるたつまきは、たくさんの魚です。

 この絵の、どまんなかのあるとうが、「ナショナルタワー」と言って、このまちのシンボルです。そして、一ばん左にあるのが下にある海の中にあるまちに行くときにつかうエレベーターです。さいごに、一ばん右下にあるたつまきは、たくさんの魚です。

 

 

手稲中央小:羽田 和さん羽田

 手稲山にあるプールから流れ、手稲駅のとうをグルグル回れて、日本海に出るとても長いすべり台が、10年後にできていてほしいです。そして、夜は、水の力でつくれる水力発電の電気と、風の力でつくる風力発電の電気で光に照らされ、夜も楽しくすべれます。

 

 

手稲中央小:西村 愛妃さん西村

 わたしの10年後のしょうらいのゆめ、わたしの10年後のカラフルな町を書いています。わたしのゆめは、ほいく園の先生になりたいです。それの絵を書きました。10年後は、みんながたのしくなる、カラフルなまちになっていてほしいです。

 

 

手稲西小:土畠 もえみさん土畠

 わたしたちが住んでいる手稲区には、美しい山や川があり、自ぜんがゆたかです。十年後は新かんせんも走っていて、自ぜんはそのまま守られて、大人も子供もお年よりも赤ちゃんもみんな笑顔で仲よく、すごせたらいいなと思います。わたしは手稲区が大好きです。仲よしっていいね、手稲! 

 

 

手稲西小:岸野 未悠さん岸野

 今は音楽にきょうみをもっている人が少ないから音楽の町にしました。ドライブをしている時でも、公園で遊んでいる時でもふしぎな音楽が聞こえてきて、みんなそれを聞いて楽しい気持ちになり、笑顔いっぱいの音楽の町にしました。 

 

 

手稲北小:廻 結月さん廻

 ねん料代のかからない車です。なぜなら、車の上のソーラーパネルで動いているからです。あと、自転車もソーラーパネルがついているので、ペダルをこぐ必要がないのでありません。それに地球にやさしいです。なぜなら、車のはいきガスもでないので、走っている人もきもちよく走っています。また、雨の日は、晴れの日のためてあった電気で動きます。

 

 

手稲北小:楠本 藍理さん楠本

 10年後の手稲は地下鉄が手稲まで通って交通が便利になっているまち。ていぬ君といっしょに私達もゴミ拾いをし、キレイで住みやすい緑豊かなまち。ゴミはリサイクル工場で資源にかわり、地下鉄や工場は太陽光やあ風力発電で電気を作り、動かすエコなまち。こんなまちだといいなぁと思います。

 

27年度作品集2へ

27年度作品集3へ

27年度作品集4へ

27年度作品集5へ

 

小学生の夢・10年後の手稲のまち事業トップページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部地域振興課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2445  内線:255・256

ファクス番号:011-681-2523