• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > 地域、大学との連携 > 手稲区連合町内会連絡協議会・北海道科学大学・北海道科学大学短期大学部・北海道薬科大学・手稲区役所の交流会開催

ここから本文です。

更新日:2017年8月21日

手稲区連合町内会連絡協議会・北海道科学大学・北海道科学大学短期大学部・北海道薬科大学・手稲区役所の交流会開催

kengaku kougi konshinkai

7月24日月曜日午後4時30分から、手稲区連合町内会連絡協議会、北海道科学大学・北海道科学大学短期大学部・北海道薬科大学、手稲区役所の交流会が北海道科学大学(手稲区前田7条15丁目)で開催され、関係者約60人が参加し連携を深めました。

平成20年に手稲区連合町内会連絡協議会、北海道科学大学、手稲区役所の三者による「地域連携協定」を、平成25年に「防災連携協定」が締結され、さらに、平成27年に北海道科学大学短期大学部と北海道薬科大学が前田キャンパスに移転してきたことを契機として、両大学とも「地域連携協定」と「防災連携協定」を締結し、ていね夏あかりや消防団山岳救助隊などのさまざまな連携事業を協力し実施しています。この交流会は、相互理解の促進や連携強化を目的に開催されており、今回で5回目です。

当日は、同大学の特色を知ってもらおうと、同大学体育館と平成29年に完成したばかりの共同実験棟(R2棟)・中央棟(E棟)を見学しました。自然雪風洞実験を行う共同実験棟(R2棟)の多目的低温実験室や、T型フォードが展示されている中央棟(E棟)のホール等を見た参加者は、真新しい設備に高い関心を寄せていました。

その後、出席者は講義室へ移動し、同大学の苫米地司(とまべち・つかさ)学長があいさつを行った後、同大学未来デザイン学部人間社会学科の坂井俊文(さかい・としふみ)准教授による「ヒット商品の舞台裏」の講義を受講しました。参加者は熱心に耳を傾けていました。

懇親会では、同協議会の笹渕吉弘(ささぶち・よしひろ)会長らがあいさつを行った後、出席者はお互いに、それぞれが抱える課題や資源について情報共有を行いました。連携の重要性を再認識した出席者は、地域の課題解決に向け、事業のさらなる連携について意見交換を行いました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部地域振興課

電話番号:011-681-2445

ファクス番号:011-681-2523