• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 富丘西宮の沢まちづくりセンター > 避難所運営を体験~富丘連合町内会「避難所運営訓練」実施!

ここから本文です。

更新日:2017年9月30日

避難所運営を体験~富丘連合町内会「避難所運営訓練」実施!

講話

9月30日(土曜日)午前9時30分から、富丘連合町内会の主催により、今年で3回目となる「避難所運営訓練」が行われました。

この訓練は、災害発生時に自分たちで支障なく避難所の運営ができるよう地域全体で防災意識の向上を図ることを目的として実施しており、今年の会場となった手稲中央小学校(手稲区手稲本町3条2丁目)には、同連合町内会の役員や住民約140人が集まりました。

武田(たけだ)連合町内会長の開会あいさつのあと、手稲区市民部総務企画課の三好(みよし)地域安全担当係長から避難所運営の注意点などの説明があり、その後、同小学校の山崎(やまざき)教頭先生の案内で校内をまわり、避難時に使用できる教室や備蓄庫などの位置を確認しました。

続いて、一般社団法人ウェルビー・デザインの篠原(しのはら)理事長から、参加者が持参した非常時の持出し品にアドバイスをいただいたあと、「避難所での生活を考える~日頃の備えは十分ですか~」というテーマの講演が行われ、参加者は真剣な表情で耳を傾けていました。

休憩時間に参加者たちは、公益財団法人札幌市防災協会が展示した防災グッズを見たり、備蓄している簡易トイレの使い方について役員から説明を受けたりしました。

最後は、避難所でプライバシーを確保するための段ボールを使った「居室作成体験」。グループごとに、居住スペースを確保するための間仕切りやベッドを作成するもので、参加者たちは、それぞれ工夫しながら、和気あいあいの雰囲気の中で完成させていました。

トイレ

段ボール

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部富丘西宮の沢まちづくりセンター

〒006-0012 札幌市手稲区富丘2条2丁目1-1

電話番号:011-685-4745