• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 富丘西宮の沢まちづくりセンター > 一日の始まりはラジオ体操から~富丘東一町内会

ここから本文です。

更新日:2016年9月26日

一日の始まりはラジオ体操から~富丘東一町内会

ラジオ体操1

 

 夏休みの朝のラジオ体操。子どもの頃、首からカードをぶら下げて、近くの公園でラジオ体操をした思い出をお持ちの方も多いのでは。

 富丘西宮の沢地区でも、多くの町内会が夏休みにラジオ体操を行っていますが、夏休みに限らず毎日ラジオ体操を行っている町内会があります。

 なかでも一番長い歴史を誇るのが富丘東一町内会のラジオ体操会です。昭和58年の夏以来、5月1日から10月末までの毎日、30年以上にわたってラジオ体操が行われています。

 参加者は、毎朝6時25分頃、「富丘ささの子公園」に集まります。町内のラジオ体操指導員と一緒に約15分間、ラジオから流れるおなじみの音楽に合わせて体を動かします。普段の参加者は40名程度ですが、夏休み期間中には子どもたちを含めて200名以上が集まるとのこと。1級ラジオ体操指導員の資格をお持ちの長谷川福三(はせがわふくぞう)さんは、町内会のラジオ体操が始まったころから、指導員として活動を続けています。お話をお伺いしていると、地域の健康増進のためにという熱意を感じることができました。

 富丘東一町内会ラジオ体操会は、長年の活動内容が評価されて、平成8年に札幌市の、平成20年には北海道の、それぞれラジオ体操優良団体として表彰されています。

ラジオ体操2

ラジオ体操3

夏休み中のラジオ体操

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部富丘西宮の沢まちづくりセンター

〒006-0012 札幌市手稲区富丘2条2丁目1-1

電話番号:011-685-4745