• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ここから本文です。

更新日:2015年11月22日

富丘小学校で避難所生活体験訓練

居住空間の設営体験

 

11月22日(日曜日)、富丘小学校の体育館で、富丘西一町内会が主催する避難所生活の体験訓練が行われました。同町内会を中心に、災害が発生した際には富丘小学校に避難することになる小学校周辺の町内会の皆さん約80名が参加しました。講師は、札幌市DIGマスターの資格を持つ小林環(こばやしたまき)氏が務めました。

訓練では、まず、避難所生活で使用できる教室、毛布・食料など避難所での生活物資を保管している備蓄室、飲料水として使用する受水槽などを見学。その後、避難所で使用する簡易トイレの使い方やダンボールを使用した居住空間の設営などを実際に体験しました。

講師からは、避難所生活の心得として、避難所では、避難者が主役であり当事者であること、避難所生活で一番大切なことはトイレの管理と寒さ対策であることなどについて説明があり、熱心にメモをとる参加者の姿がみられました。

訓練当日は底冷えのする寒い日で、参加した皆さんは、避難所生活の過酷さの一端を体験できたようでした。

居住空間の設営体験

簡易トイレの使い方

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部富丘西宮の沢まちづくりセンター

〒006-0012 札幌市手稲区富丘2条2丁目1-1

電話番号:011-685-4745