• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 前田まちづくりセンター > 前田まちのお宝探検隊2018~北海道科学大学で忍者修行!

ここから本文です。

更新日:2018年10月27日

前田まちのお宝探検隊2018~北海道科学大学で忍者修行!

まずは風呂敷を使って忍者に変身!

まずは、風呂敷を使って忍者に変身!

平成30年10月27日(土曜日)、午前11時から、北海道科学大学G棟で、「前田まちのお宝探検隊2018~北海道科学大学で忍者修行!」が開催され、前田地区の児童85人が参加しました。

この行事の主催は、前田連合町内会や青少年育成委員会、小学校、児童会館など前田地区の各種団体で構成される「前田ふれあいまちづくり協議会」で、当日の運営は地域住民や児童会館、北海道科学大学の学生で構成される「前田まちのお宝企画委員会」が担いました。

この行事は、前田地区の自然や歴史、風景などの魅力を「お宝」と呼んで、子どもたちに楽しみながら伝えていくことで、ふるさとへの愛着を深めてもらうという趣旨で開催されています。

午前中は、顔を風呂敷で覆って忍者に変身し、G棟各階を使って「じゃんけんの修行」を行い、初めて会う子ども同士の親睦を深めました。

昼食後は、10のグループに分かれて、各教室に設けられた「前田の修行」「前田の謎解きの修行」「前田カルタの修行」「まえダーツ手裏剣の修行」など10種類の修行場を探検しました。

参加した児童は、昔と今のまちの様子の違いを「今昔パズル」で学んだり、前田地区の名所史跡を札にした「前田カルタ」や、風景などの一部分をアップにしたスライド写真を見て何かを当てる「謎解きの修行」、お宝マップめがけて手裏剣を投げる「まえダーツ」などの修行を通じて、遊びながら「お宝」の名前や場所を学びました。

各グループは、いろいろな学校や学年の児童で構成されていましたが、お互いにすぐ仲良くなり、全員が協力して修行を達成していきました。

修行を終えた児童たちは、「楽しかった」「いろいろな人たちと仲良くなれた」と笑顔で話し、それぞれの思い出を胸に保護者とともに帰路につきました。

昔の航空写真の上に今のまちのピースをはめる「今昔パズル」

昔の航空写真の上に今のまちのピースをはめる「今昔パズル」

お宝マップをめがけて手裏剣を投げる「まえダーツ」

お宝マップをめがけて手裏剣を投げる「まえダーツ」

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部前田まちづくりセンター

〒006-0816 札幌市手稲区前田6条9丁目2-1

電話番号:011-683-4422

ファクス番号:011-684-0297