• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 前田まちづくりセンター > 三晃町内会が煙道避難訓練を実施しました

ここから本文です。

更新日:2017年9月24日

三晃町内会が煙道避難訓練を実施しました

平成29年9月24日(日曜日)、前田地区の三晃町内会が、手稲消防署の協力のもと、三晃ぼうけん公園で煙道避難訓練を行いました。

三晃町内会では、毎年避難訓練を行っていますが、煙道の体験は今回が初めて。参加者はもうもうと白煙が立ち込めるビニールハウスの中に、手で口と鼻を押さえて次々と入って行きました。

外から見る分にはビニールハウスはそれほどの長さに見えません。中が迷路になっているわけではないので、普通に真っ直ぐ歩けば数歩で出口に達するように見えます。

しかし、実際に入ってみると、中は真っ白。足元は全く見えませんので、どうしてもすり足で小刻みに歩いていくことになります。果たして真っ直ぐ歩けているのか、あとどれくらいの距離を歩けば出口なのか、前の人の背中も見えず、不安を感じる中を進んでいくと、呼びかける消防署職員の声が聞こえ、それを頼りに歩いて出口に着きました。出口では、怖かったのか、泣いているお子さんもいました。

訓練の煙は無害ですが、実際の火災現場の煙は、黒く、有毒とのことです。煙に巻かれる前に避難をしなければならないということが十分に実感できる訓練となりました。

20170924三晃町内会煙道避難訓練

入口です

20170924三晃町内会煙道避難訓練

中に入ると濃厚な煙で目の前は何も見えません

20170924三晃町内会煙道避難訓練

ようやく出口です

20170924三晃町内会煙道避難訓練

全員の体験後、消防署職員の講話を聞きました

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部前田まちづくりセンター

〒006-0816 札幌市手稲区前田6条9丁目2-1

電話番号:011-683-4422