• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 前田まちづくりセンター > 前田まちのお宝探検隊2016~北海道科学大学で忍者修行!

ここから本文です。

更新日:2016年10月29日

前田まちのお宝探検隊2016~北海道科学大学で忍者修行!

お宝探検隊2016

アップの写真を見て前田地区の何かを当てる「前田の謎解きの修行」

平成28年10月29日(土曜日)、「前田まちのお宝探検隊2016~北海道科学大学で忍者修行」が、同校G棟で開催され、同地区内の児童85人が参加しました。

このイベントを主催したのは、前田連合町内会、青少年育成委員会、児童会館など各種団体で構成される「前田ふれあいまちづくり協議会」。地域の魅力を「お宝」として再発見し、次の世代につなげていくことで、ふるさとへの愛着を育む「前田まちのお宝活用事業」の一環として実施されました。

まずは顔を風呂敷で覆って忍者に変身。掛け声で一斉に天・地・火などのさまざまなポーズをとる修行などを行い、初めて会う子ども同士の親睦を深めました。

昼食後、「前田の謎解きの修行」「前田の修行」「綱渡りの修行」など8つの鍛錬場が設けられ、風呂敷で忍者に扮した児童たちが11のグループに分かれて各教室を探検。

「前田の謎解きの修行」では、前田地区の特徴ある場所をアップで撮影した写真を見て何かを当てるという修行では、はじめは分からなくても、さすがは地域の子どもたち。ヒント写真で次々と正解を答えていました。

「前田の修行」では、室内に隠された「前田今昔パズル」のピースを探し出しパズルを完成させました。40年前の前田地区の航空写真の台紙の上に現在の景色を張り合わせた児童たちは「昔は何もなかったんだ」などと今昔の景色の違いに驚いていました。

最後に、「前田のすきなところ」のアンケートでは、学校や普段遊んでいる公園など、いろいろな場所を書いていました。

修行を終えた児童たちは、「楽しかった。来年もまた参加したい。」と笑顔で話し、思い出の1日となった様子でした。

お宝探検隊2016

みんなで忍者に変身

お宝探検隊2016

古い航空写真の上に今のまちのピースをはめる「今昔パズル」

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部前田まちづくりセンター

〒006-0816 札幌市手稲区前田6条9丁目2-1

電話番号:011-683-4422