• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 前田まちづくりセンター > いなづみ児童会館で科学実験教室

ここから本文です。

更新日:2016年7月28日

いなづみ児童会館で科学実験教室

20160728いなづみ児童会館科学実験教室

最後に液体窒素をアスファルトにまいて、煙の中を駆け抜けました

平成28年7月28日(水曜日)、いなづみ児童会館で、液体窒素を使用した科学実験教室が行われました。

液体窒素はマイナス196度の超低温です。専門知識を持つ先生が、まず最初に液体窒素がいかに低温か、取り扱い方を間違えるといかに危険かを、子どもたちにじっくりと分かりやすく説明します。

その後、先生が行う実験を見学し、いよいよ各テーブルに液体窒素が配られ、その中にゆっくり風船を入れるという実験を子どもたちで行いました。

風船を入れると、中の空気が冷やされ、風船が縮んでいきます。風船を出してしばらく経つと、また元に戻ります。子どもたちは慎重に実験を進めながら、風船が変化する感覚を手で感じ、驚いた様子でした。

最後は外に出て、先生が駐車場に液体窒素をまき、一気に気化する中を、先生の合図で駆け抜けました。

身近な児童会館で、なかなかできない経験をした子どもたちの表情はいきいきとしていました。

20160728いなづみ児童会館科学実験教室

液体窒素がどれだけ低温かを分かりやすく説明

20160728いなづみ児童会館科学実験教室

液体窒素に風船を入れる実験

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部前田まちづくりセンター

〒006-0816 札幌市手稲区前田6条9丁目2-1

電話番号:011-683-4422