• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 前田まちづくりセンター > 前田地区福祉のまち推進センターが研修会を開催

ここから本文です。

更新日:2018年1月18日

前田地区福祉のまち推進センターが研修会を開催

20180118福まち研修会

多くの関係者が集まりました

平成30年1月18日(木曜日)、稲積記念会館で、前田地区福祉のまち推進センターが研修会を開催しました。

毎年実施しているこの研修会の今年のテーマは、「前田地区で考える災害時の支え合い」。町内会関係者、民生委員・児童委員、関係機関の方約90人が参加しました。

講師は、東日本大震災や熊本地震などの際、現地で災害支援を行った一般社団法人ウェルビーデザインの篠原辰二さんです。

前日の1月17日は23年前の阪神淡路大震災の発災日でした。都市での大地震が起こす被害の大きさや、地域の支え合いの重要性を思い知らされた震災でしたが、神戸市でも震災を知らない市民が4割を超えるそうです。

篠原さんは「日頃からできていないことは災害があったときもできません。」と、あらためて、発災時に助け合える関係づくりを日頃から行う大切さを説きました。

また、災害の備えとして、非常持ち出しだけでなく、ハンカチを有事の際に包帯や頭巾などに使える日本手ぬぐいに持ち替えるなど、普段持ち歩いているものを災害時に活用する備え方の紹介がありました。

最後に、スナック菓子の「じゃがりこ」のお菓子の高さの半分までお湯を注いでつぶし、ポテトサラダにする非常食づくりを体験しました。

20180118福まち研修会

じゃがりこのポテトサラダづくり

20180118福まち研修会

ラップに盛ると洗い物がなくなります

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部前田まちづくりセンター

〒006-0816 札幌市手稲区前田6条9丁目2-1

電話番号:011-683-4422