• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 星置まちづくりセンター > 新着情報 > まちの灯り(あかり)が開催されました

ここから本文です。

更新日:2020年1月27日

まちの灯り(あかり)が開催されました

滑り台

ていぬとチコちゃんの雪像:「ママもっとすべりたい」

1月23日、24日の二日間、JR星置駅北口駅前をろうそくの灯りで彩る「まちの灯り(あかり)」が行われ、手作りのアイスキャンドル200個が駅前を幻想的な灯りでつつみました。

このイベントは、星置駅前商店街振興組合(有路孝雄 理事長)の主催により今年で13回目となり、田中手稲区長と夢トピア星置町内会連合会小林会長お二人による点灯式で午後5時開会となりました。

キャンドルが灯されると、歩いている人も足を止め「きれいだね」などと言いながらキャンドルを一つ一つ眺めたり、写真を撮ったりと思い思いに楽しんでいました。

雪不足のため恒例となった手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」の雪像も危ぶまれましたが、開催日直前に降った雪のおかげで、「チコちゃん」と一体となった滑り台も作られ、記念撮影をする人や、子供が滑り台を何度も滑って楽しむ姿が見られました。

また、無料の甘酒と熱燗もふるまわれ、多くの人が列を作っていました。

全景

大勢の人が楽しんでました(駅舎3階からの風景)

一つ

ろうそくの灯りは幻想的です

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部星置まちづくりセンター

〒006-0852 札幌市手稲区星置2条3丁目14-1(星置地区センター内 )

電話番号:011-695-3222