• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 星置まちづくりセンター > 今年も星置川にサケが戻ってきました

ここから本文です。

更新日:2019年10月15日

今年も星置川にサケが戻ってきました

産卵場所

川底をたたいて産卵場所を作っています

星置地区にはサケが遡上してくる川が2つあり、10月15日に確認してきたのでお知らせします。

一つは、星置1条1丁目にある濁川(愛称;天の川)ですが、今のところ魚影は確認できませんでした。

もう一つは、札幌市の最西端の小樽市に隣接する「星置緑地」の中を流れる星置川です。

星置緑地内の橋の上から見おろすと3匹のサケが確認できました。

サケ特有の尾で川底をたたき、産卵場所を作っている光景も見ることができました。

地域の方は今年は遅いと言っていたので、これからもっとサケがやってくることのを期待しています。

これからも河川環境の保全に努めていきたいものです。

橋の上から

橋の上から3匹確認できました

横から

川べりまで下りてみました

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部星置まちづくりセンター

〒006-0852 札幌市手稲区星置2条3丁目14-1(星置地区センター内 )

電話番号:011-695-3222