• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区の紹介 > 4.年表で振り返る手稲のまち

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

4.年表で振り返る手稲のまち

西暦

年代

 

札幌市に関する事項

手稲に関する事項

1872

明治5

手稲村戸長役場時代

・札幌本道(札幌~函館間)の開削に着手。

・学制が公布。

・札幌市街及び札幌郡に郵便が開始。

・仙台白石からの移住者約50戸が上手稲に入地。

・発寒村から離れ、手稲村と称した。

・時習館が創設。

1880

明治13

・手宮~札幌間に鉄道開通。

 

1881

明治14

・明治天皇初の行幸。

・軽川停車場(軽川駅の前身)が設置。

1882

明治15

・開拓使を廃止し、札幌、函館、根室の三県を設置。

・上手稲、下手稲、山口の三村戸長役場となった。

1886

明治19

・三県が廃止され北海道庁設置。

・琴似新川の開削。

 

1911

明治44

手稲村時代

・大通に公園設備が加えられ、大通逍遙地(現大通公園)ができる。

・大正天皇東宮殿下の折、前田農場に行啓され農場視察。

1921

大正10

 

・開基50周年。

1922

大正11

・市政施行。

 

1935

昭和10

 

・三菱鉱業株式会社が手稲鉱山の操業開始。

1941

昭和16

   

1942

昭和17

 

・琴似町と手稲村との境界を一部変更。

1945

昭和20

   

1946

昭和21

・日本国憲法が公布。

 

1947

昭和22

・教育基本法が公布。

・地方自治法が公布。

・手稲村消防団が組織。

1949

昭和24

 

・村報(広報)第1号創刊。

1950

昭和25

・第1回札幌雪まつり開催。

・鉄道軽川駅開通70周年記念式。

1951

昭和26

手稲町時代

・住民登録法が公布。

・町制施行により手稲町となった。

・開基80周年記念式。

1952

昭和27

 

・住民登録制を施行。

1954

昭和29

 

・冷害不作に見舞われた。

・国道5号線の舗装が完成。

1957

昭和32

・札幌テレビ塔完成。

・手稲山頂にテレビ放送塔が建設。

1958

昭和33

・国民健康保険法が公布。

・全国優良町村として表彰。

・手稲町観光協会が誕生。

1959

昭和34

・国民年金法が公布。

 

1960

昭和35

 

・町制施行10周年。

1961

昭和36

 

・開基90周年。

1965

昭和40

・国勢調査実施。

・国鉄札幌運転区が設置され、手稲稲穂に手稲車両基地が建設。

・台風23号・24号による災害を受けた。

・人口2万6千人を超え、6400世帯を超えた。

・テイネオリンピアの開場式並びにリフトの試運転。

1966

昭和41

・第11回冬季オリンピック大会の札幌開催が決定。

・札幌市議会において札幌市と手稲町の合併を議決。(11月16日)

・北海道議会において札幌市と手稲町の合併を議決。(12月27日)

・合併促進請願が事業所及び一般町民から町議会に提出。(6月25日)

・合併調査特別委員会の設置を議決。(7月16日)

・合併問題を中心とした町議会が招集。(9月28日)

・合併協議会の設置を議決。(9月29日)

・早期合併反対の請願が町民から町議会に提出。(11月11日)

・第6回臨時町議会において手稲町を札幌市に編入することを議決。(11月16日)

・人口3万人を超え、7700世帯となった。(12月1日)

1967

昭和42

・北海道告示第109号により、手稲町を廃止し、札幌市に編入する旨の告示。(1月23日)

・官報第12049号により手稲町を札幌市に合併し、3月1日から効力を生ずる旨の告示。(2月15日)

・手稲鉄北小学校において手稲町廃町式。(2月18日)

・手稲町を廃し、札幌市に編入。(3月1日)

・札幌市民会館において、札幌市・手稲町合併記念式。(3月1日)

 

<3.写真で振り返る手稲のまち|4.年表で振り返る手稲のまち

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639