• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2020(令和2年) > 新型コロナウイルス感染症の終息への願いを込めて~北海道地方郵便局長会がフレーム切手「疫病退散 アマビエ」を寄贈

ここから本文です。

更新日:2020年12月28日

新型コロナウイルス感染症の終息への願いを込めて~北海道地方郵便局長会がフレーム切手「疫病退散 アマビエ」を寄贈

201224a201224b201225c

令和2年12月24日(木曜日)13時から、手稲区役所(手稲区前田1条11丁目)で、北海道地方郵便局長会から手稲区に対し、感染症対策に従事する本市職員への慰労のため、フレーム切手「疫病退散 アマビエ」が寄贈されました。

「アマビエ」は疫病を収めると伝えられている妖怪で、このたび作成されたフレーム切手「疫病退散 アマビエ」は、新型コロナウイルス感染症の終息への願いが込められたものです。

この日は、札幌中央地区会副会長・坂野威司(さかの・たけし)氏から田中手稲区長に、札幌中央地区会理事・吉田雅彦(よしだ・まさひこ)氏から田森保健福祉部長に、「新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息を願っています」との言葉とともに、それぞれフレーム切手が手渡されました。

田中区長からは「新型コロナウイルス感染症の対応のため、保健所等で従事する職員の励みになります。皆様からの温かい心遣いに心から感謝申し上げます」との言葉がありました。

<フレーム切手「疫病退散 アマビエ」について>

切手フレーム

初回販売受付開始日 2020年11月9日(月曜日)

■初回販売申込受付数 600シート

■商品内容 フレーム切手1シート(63円×5枚、84円×5枚)

■初回販売価格(税込) 1シート 1,275円

■市内販売郵便局 札幌中央郵便局、北海道庁赤れんが前郵便局、札幌駅パセオ郵便局、札幌大通郵便局、札幌大通公園前郵便局、札幌中央市場前郵便局、札幌南郵便局、新札幌駅デュオ郵便局

■フレーム切手についてのお問い合わせ先

日本郵便株式会社北海道支社 郵便・物流営業部(物販・広告担当)

電話:(直通)011-214-4184 (平日9時00分~17時45分)

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523