• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2020(令和2年) > 地域の力で河川敷をきれいに~手稲土功川美化活動

ここから本文です。

更新日:2020年7月15日

地域の力で河川敷をきれいに~手稲土功川美化活動

200704a200704b200704c

7月4日(土曜日)午前9時から、手稲鉄北まちづくり協議会の主催で手稲土功川美化活動が行われ、地域の住民約130人が、手稲土功川周辺のごみ拾いなどの美化清掃を行いました。

手稲鉄北地区を南北に流れる手稲土功川は、大正14年にこの地区を干拓するために整備された大排水溝が起源であり、現在では河川敷に色とりどりの花が咲き、地元の児童たちを対象とした生物観察会に利用されるなど、地域住民に親しまれています。この活動は、河川敷をきれいにしようと毎年開催されているもので、今年で28年目となります。

当日は晴天の空の下、参加者は、町内会ごとに山口公園(手稲区曙11条1丁目)や手稲土功川にかかる3つの橋に分かれて集合しました。清掃作業に先立ち、各集合場所の責任者から注意事項の説明があった後、山口公園から稲山通の曙橋(手稲区曙7条1丁目)までの約1.3キロメートルの橋周辺や河川敷一帯を、袋や火バサミを手に丁寧に掃除しました。

毎年参加している人も多いため、手馴れた様子で作業は1時間ほどで終了しました。集めたごみ袋は、ダンボールやビニール袋などでいっぱいになっていました。

参加した男性は、「今年は例年に比べて、ごみが少なかった。この調子でどんどん減ると嬉しい」と話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523