• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2020(令和2年) > ミズバショウの自生地を守るために~星置緑地で清掃活動

ここから本文です。

更新日:2020年4月10日

ミズバショウの自生地を守るために~星置緑地で清掃活動

200409a200409b200409c

4月9日(木曜日)午前10時から、星置緑地(手稲区星置1条5丁目)で、緑地内に自生するミズバショウなどの植物保全のための清掃活動が行われました。

これは、ミズバショウなどの緑地内の草花が見頃を迎える前に、緑地内にある木道や広場を清掃することで、観察に訪れる方々が気持ちよく過ごせるよう手稲区土木部が主催したものです。

清掃活動には、土木部の職員に加え、地域住民らで構成する「星置緑地みどりのサポーター」など16人が参加しました。同サポーターは、平成17年から毎年、緑地内の清掃のほか、クサヨシの抜き取りやイタドリの刈り取りなど、年6回の保全活動にボランティアとして参加しています。
この日は、有限会社緑花計画の笠康三郎(りゅう・こうざぶろう)氏の指導のもと、びんや缶などのごみ集めや、カラスのふんで汚れたベンチや手すりの清掃を行いました。

最後に、参加者は笠氏の解説を聞きながら緑地内を一周し、ミズバショウのほかキクザキイチゲやエンレイソウなどを観察しました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523