• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2019(平成31年・令和元年) > つるつる路面での転倒防止のために~砂まきキャンペーン2019

ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

つるつる路面での転倒防止のために~砂まきキャンペーン2019

191219a191219b191219c

12月19日(木曜日)午後3時30分から、JR手稲駅南口の交差点で「砂まきキャンペーン2019」と題した街頭啓発が行われ、市民に砂まきへの協力を呼びかけました。

札幌市では、冬期のつるつる路面での転倒事故が増加傾向にあることから、地下鉄駅の周辺など人通りの多い交差点を中心に砂箱を設置し、市民との協働で砂まき活動を進めています。今回のキャンペーンでは、誰もができる安全な冬みちづくりである「砂まき」をもっと広く市民にPRしようと、ウィンターライフ推進協議会(高野伸栄(たかの・しんえい)会長)と札幌市が連携して実施したものです。

この日は、手稲区土木センターなど手稲区役所の職員8人が参加しました。通行人に「つるつる路面にぱぱっと砂まき」との標語が書かれた啓発用のポケットティッシュを一人一人に手渡しながら、砂まきの協力を呼び掛けていました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523