• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2019(平成31年・令和元年) > オブジェと投影型万華鏡が彩る光のアート~「HUSキャンパス・イルミネーション2019」を開催

ここから本文です。

更新日:2019年12月8日

オブジェと投影型万華鏡が彩る光のアート~「HUSキャンパス・イルミネーション2019」を開催

191202d191202e191202f

12月2日(月曜日)午後5時から、北海道科学大学(手稲区前田7条15丁目)で、「HUSキャンパス・イルミネーション2019」の点灯式が行われました。

この催しは、同大学が地域とのつながりを深めようと手稲区との共催で平成29年から始めたもので、今年で3回目となります。

点灯式では、ステンドグラスアーティスト、同大学客員教授Mie(ミー)氏がプロデュースした高さ6ートルのクリスマスツリーとステンドグラスのオブジェ14基に一斉に光がともされた後、「北海道科学大学YOSAKOIソーラン部~相羅~」による演舞が披露され会場は大いに盛り上がりました。

今年はステンドグラスに加え、万華鏡作家の依田満(よだ・みつる)・百合子(ゆりこ)夫妻が作成した投影型万華鏡が登場。万華鏡の光が校舎の壁面に投影されると、会場全体が幻想的な雰囲気に包まれました。

会場では、この他にも手稲区の魅力を紹介するパネルや、区内の小学生が制作したガラスのキャンドルホルダーが展示されており、イルミネーションは25日までの毎日午後3時30分から午後9時まで点灯されています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523