• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2019(平成31年・令和元年) > 地域の身近な相談役~民生委員・児童委員委嘱状伝達式を開催

ここから本文です。

更新日:2019年12月8日

地域の身近な相談役~民生委員・児童委員委嘱状伝達式を開催

191202a191202b191202c

12月2日(月曜日)午後1時30分から、手稲区民センター(手稲区前田1条11丁目)で、新たに就任した民生委員・児童委員176人に厚生労働大臣及び札幌市長からの委嘱状が伝達されました。

民生委員・児童委員は、地域において、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努める方々であり、高齢者や障がい者に関する相談、子育てに関する相談、ひとり暮らしのお年寄りへの声掛けや安否確認など、さまざまな活動を行っています。また、区役所や社会福祉協議会などと連携し、関係機関との橋渡しなども行う、地域における重要な存在です。

伝達式ではまず、区内の手稲、手稲鉄北、前田、新発寒、富丘西宮の沢、稲穂金山、星置と各地区から1人ずつ代表して、田中俊成(たなか・としなり)手稲区長から委嘱状を受け取りました。

続いて、田中区長から「札幌市が実現を目指している『みんなで支え合い、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるまち、さっぽろ』には、地域の身近な相談役である民生委員・児童委員の皆様のご協力なくしてはなし得ないものです。今後もお力添えをいただければ幸いです」とあいさつがありました。

最後に、民生委員・児童委員を代表して有江裕子(ありえ・ひろこ)氏が先導し、全委員で「民生委員・児童委員信条」を朗読し、伝達式は終了しました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523