• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2019(平成31年・令和元年) > 消防士のお仕事を学習~体験型出前授業「教えて!ファイヤーマン」を開催

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

消防士のお仕事を学習~体験型出前授業「教えて!ファイヤーマン」を開催

191127a191127b191127c

11月27日(水曜日)午前10時45分から、新陵小学校(手稲区新発寒6条6丁目、猪股嘉洋(いのまた・よしひろ)校長)で、3、4年生84人が参加し、体験型出前授業「教えて!ファイヤーマン」が開催されました。

これは、消防隊員が講師となって、体験型の授業を行い、児童に火災や災害発生時の基礎的な行動や知識を学んでもらおうと開催されたものです。例年、市内約200校の小学校で実施され、手稲区内では16校ある全ての小学校で行われます。

授業では、まずスライドを使用して消防の仕事についての説明が行われました。また、災害時の避難場所が小学校であることから「家族と災害時に集まる避難場所をあらかじめ決めておきましょう」と話があると、児童らは「よし!」と消防士の返事をまねて、元気に答えていました。

続いて、消防隊員が災害現場で使用する資機材の説明と着装体験が行われました。着装体験をした児童らは「消防士になった気分」「重たくて大変」などと感想を話していました。

応急手当の説明では「胸骨圧迫」による心肺蘇生の方法を教わると、児童らは実際に訓練用人形を使用し、心臓マッサージを懸命に行っていました。

参加した児童は「消防士は、人の命を助ける大切な仕事でかっこいいと思った」と話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523