• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2019(平成31年・令和元年) > いつ起こるか分からない災害に備えて~避難所運営の実地研修を実施

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

いつ起こるか分からない災害に備えて~避難所運営の実地研修を実施

190806a190806b190806c

8月6日(火曜日)午前10時から、手稲西中学校(手稲区金山3条2丁目)で、手稲区による避難所開設運営実地研修が行われました。

これは、災害時の避難場所開設の的確な初動対応と基本的行動の確認、その後の避難所運営における課題等を共有することにより、参加者の防災意識と災害対応能力が向上することを目的として行われたもので、学校や町内会関係者、手稲区などから33人が参加しました。

この日は、避難所となる学校施設内の備蓄物資やポンプ室の受水槽、体育館の太陽光発電コンセントなどの状況を確認しました。また、防災行政無線については、実際の試験通話により操作方法や特性を確認しました。

その後、区職員から避難所開設・運営マニュアルに基づく説明があり、避難所の開設時の初動対応や基本的な行動を確認しました。

参加者は、施錠されている校舎への緊急時の進入方法や、地域避難所の運営に関して質問するなど、地域住民による自主的な避難所運営の重要性をあらためて認識した様子でした。

なお、8月9日にも前田中学校(手稲区前田7条13丁目)で同研修が実施されました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523