• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2019(平成31年・令和元年) > 区民と共に手稲区のまちづくりを考える~「ていねっていいね!区民の集い」を開催

ここから本文です。

更新日:2019年6月28日

区民と共に手稲区のまちづくりを考える~「ていねっていいね!区民の集い」を開催

190627a190627b

6月27日(木曜日)午後2時から、手稲区民センター(手稲区前田1条11丁目)で、区内の住民組織、福祉、防犯・防災、教育などの団体等の代表者らが一堂に会し、今年度第1回目の「ていねっていいね!区民の集い」が開催されました。

この会議は、地域のさまざまな力を結集して、区民が主役となり愛着や誇りを共有できる『ふるさと手稲』づくりを推進することを目的に平成17年6月に設立され、現在55団体が参加しています。

会議では、昨年度の活動報告と行政等からの各種報告があり、ていぬ活用委員会からは、手稲区マスコットキャラクター「ていぬ」の新たに作成したバルーンタイプの着ぐるみがお披露目されました。

その後、区民の集いの今年度年間計画の審議を行い、この中で手稲区30周年を記念して10月12日に「体感型防災アトラクション®」を実施することが承認されました。

このアトラクションは、災害現場や避難所などのシーンを再現した会場内で、脱出ゲームの要素を取り入れたミッションに取り組む中で防災知識を学べるものとなっています。同会議では、昨年9月の北海道胆振東部地震を踏まえ、家族で防災を考えるきっかけにしてもらいたい考えで、小学校4年生から中学校3年生までの子どもとその保護者にも参加を呼びかけることとしています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2425

ファクス番号:011-681-2523